HOME許認可前払式支払手段発行業 > 第三者型発行者:第三者型発行者登録申請
前払式支払手段発行業

第三者型発行者:第三者型発行者登録申請

第三者型発行者の登録申請とは

前払式支払手段を発行する者は、一定の条件下では財務(支)局等へ第三者型発行者として

登録する義務が生じます。これを「第三者型発行者登録」といい、
登録されるための手続きを「第三者型発行者登録申請」といいます。
 
どういう場合に登録の義務が生じるかというと、
 
①前払式支払手段を発行する際、対価が発生すること。
②前払式支払手段の有効期限が発行日から6カ月を超えていること。
③前払式支払手段を対価として支払うことができるのが、
 発行者(密接な関係者を含む)だけでなく、
 第三者の店舗(加盟店、フランチャイズ店等)で提供する商品やサービスを含むこと。
 
これらの条件を全て満たす場合、登録をしなくてなりません。
それでは、いつまでに、どこに登録をするのでしょうか?
 

 

いつ登録申請をするか

第三者型発行登録は、前払式支払手段の発行前にしなくてはいけません。

登録前に前払式支払手段を発行すると、資金決済法違反となり、
懲役や罰金刑が課せられる可能性があります。
 

どこに登録申請をするか

第三者型発行登録の申請先は、発行者の本店を管轄する財務(支)局等です。

第三者型発行者が最も多い東京の場合は、東京財務事務所理財第5課です。
 

お問い合わせはこちらから

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. ※必須
  4. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください
 

前払式支払手段発行業TOP

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談