HOME許認可経営事項審査 > 決算変更届
経営事項審査

決算変更届

建設業許可を受けた後、決算期ごとに財務内容や工事経歴に変更が生じますので、その内容を「事業年度終了届出書」として、毎事業年度(決算期)経過後4か月以内に提出しなければなりません。

 

建設業許可の更新申請の際に、前回申請から更新申請までの間の事業年度終了届出書が提出されていることを確認するため、事業年度終了届出書の副本を全て(5年ごとの更新のため、5期分)提示することがあります。

 

経営事項審査を受けるには、この決算変更届からスタートします。

 

提出書類

主な書類は

・工事経歴書(完成工事高)

・直前3年の工事施工金額

・決算報告書(貸借対照表 損益計算書  株主資本等変動計算書 注記表)

・法人税または申告所得税納税証明書

・事業税納税証明書 (納付すべき額及び納付済額の記載のある証明書)

 

※事業報告(概要)を求められる場合があります

※受任実績上位の注文書等を確認される場合があります。

 

提出先

●国土交通大臣許可

  本店の所在地を管轄する都道府県知事を経由して地方整備局長等に提出

●都道府県知事許可

 都道府県知事に提出

建設業許可・経営事項審査・入札参加資格登録ならサポート行政書士法人へ

サポート行政書士法人では、新規で建設業許可を取得される事業者様から、既存の建設業業者の皆さまに対して、建設業許可・経営事項審査・入札参加資格登録に関する申請サポートやコンサルティングを行っております。

弊社の担当者は、全国の都道府県で申請実績がございます。ぜひご相談ください。

建設業許可専門チーム
専任スタッフが全国の案件を対応しております。

経営事項審査TOP

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談