HOME許認可医薬部外品許可 > 医薬部外品の申請区分
医薬部外品許可

医薬部外品の申請区分

医薬部外品は、医薬部外品は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下「医薬品医療機器等法」と呼ぶ)の規程に基づき、品質、有効性及び安全性等の観点から医薬部外品として適当であるか否かの確認を行い、製品を市場へ出荷又は上市することに対する一般的禁止の解除を行うため、承認申請手続きが必要になります。 配合される成分・分量、効能、効果等により申請区分が分けられており、この区分によって必要とされる添付資料の種類が異なってきますので注意が必要です。 (平成26 年11 月21 日 薬食発1121第7 号)

1.医薬部外品の申請区分と定義

区分

区分名称

内容

(1)

新有効成分含有医薬部外品

既承認医薬部外品と有効成分が異なる又は適用方法が明らかに異なる医薬部外品

(2)-1

新効能医薬部外品

既承認医薬部外品と有効成分は同一であるが、効能・効果が異なる医薬部外品

(2)-2

新剤形医薬部外品

既承認医薬部外品と有効成分は同一であるが、剤形が異なる医薬部外品

(2)-3

新含量医薬部外品

既承認医薬部外品と有効成分は同一であるが、配合量が異なる医薬部外品

(2)-4

新配合医薬部外品

既承認医薬部外品と有効成分及びその配合量は同一であるが、既承認医薬部外品と有効成分の組合せが異なる医薬部外品

(2)-5

新用法医薬部外品

既承認医薬部外品と有効成分は同一であるが、用法が異なる医薬部外品

(3)

新添加物含有医薬部外品

使用前例のない添加物を配合する又は使用前例のある添加物であっても前例を上回る量を配合する等の医薬部外品

(4)

類似医薬部外品

既承認品目と同一ではないが、新たに有効性、安全性に関する試験を実施しなくても、既承認品目と同一性があるものに相当と判断し得る医薬部外品

(5)-1

同一医薬部外品

既承認医薬部外品と有効成分及びその配合量、有効成分の組合せ、効能・効果、用法・用量及び剤形が同一の医薬部外品、又は医薬部外品の各種製造販売承認基準に適合する医薬部外品

医薬部外品許可TOP

許認可

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談