HOME許認可風俗営業許可 > よくある質問
風俗営業許可

よくある質問

風俗営業について

スナックを経営したいのですが、資格は必要ですか?

積極的な資格は必要ありません。ただし、欠格事由があります。 

 

①成年後見人もしくは被保佐人または破産者で復権していない者 

②1年以上の懲役や禁錮刑に処せられたことがある者または公然わいせつ罪や

 淫行勧誘罪などの風営法第4条1項2号に列挙する罪を犯して

 1年未満の懲役あるいは罰金の刑に処せされたことがある者で

 刑に処せられてから5年を経過していない者

③集団的、常習的に暴力的不法行為を行うおそれのある者

④アルコール、麻薬、大麻、あへんまたは覚せい剤の中毒者 

⑤風俗営業の許可を取り消されてから5年を経過しない者 

⑥法人の役員、法定代理人が上記の事項に該当するとき

2号店舗に制限はありますか?

①店内が客室の床面積、客室を見通せること、善良な風俗を乱す装飾がないこと

②店舗が都市計画法の用途地域制限にかからないこと、学校などの保護施設から

 一定の距離があること、その他条例、建築基準法、消防法による制限が

 かからないこと

以上を中心に風営法施行規則8条に規定されています。

性風俗営業には制限がありますか?

性風俗営業については、新規営業が禁止されている業種があります。

詳しくは、ご相談ください。

当社について

相談は無料と書いてありますが、本当ですか?

面談は何度でも無料で行なっています。

 

電話相談だけでなく、面談でも無料で相談できます。

 

ご依頼等報酬が発生する際は、事前に見積りを出して、

ご依頼者の了解を得た上で案件に着手しますので、ご安心ください

オフィスに行けないところに住んでいるのですが、対応してくれますか?

まずはお電話かメールにてご相談ください。

必要に応じて、出張等で面談いたします。

平日仕事で行けない場合、対応してくれますか?

事前にご予約いただければ、夜間・土日の相談も可能です。

ご依頼者の都合の良い時間にゆっくりとお越しいただけます。

自分で官公庁へ行く必要がありますか?

その必要はありません。

当社は全国対応可能ですので、各種申請をトータル的にサポートできます。

風俗営業許可TOP

許認可

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談