HOME許認可風俗営業許可 > 麻雀店の開業にあたって
風俗営業許可

麻雀店の開業にあたって

麻雀店の傾向

最近、相談が増えてきたのが、麻雀店の開業に関しての相談です。

 

これまでにあった、「セット式」や「フリー形式」以外にも、

健康麻雀や禁煙麻雀といった「頭を鍛える」・「健全なゲームとして楽しむ」といったコンセプトやギャル雀やコスプレ雀などの女性店員と対局するといった、バラエティにとんだ業態ができています。

 

麻雀店は風営法第2条1項7号に規定された

「客に射幸心をそそる遊技をさせる営業」にあたるので、営業許可が必要です。

許可要件

3つの要件を満たす必要があります。

人的要件

下記にあたる人は許可の取得ができません。 

 ①成年後見人もしくは被保佐人または破産者で復権していない者

 ②1年以上の懲役や禁錮刑に処せられ、その執行を終わり、

  または執行を受けることが無くなった日から起算して5年を経過していない者 

 ③風営法違反、刑法違反、売春防止法、職業安定法、出入国管理及び難民認定法、

  労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関す

  る法律、労働基準法、児童福祉法のうち、一部の規定に違反して、1年未満の懲役

  もしくは罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることが無くなっ

  た日から起算して5年を経過していない者

 ④集団的、常習的に暴力的不法行為を行うおそれのある者 

 ⑤アルコール、麻薬、大麻、あへんまたは覚せい剤の中毒者

 ⑥風俗営業の許可を取り消され、その取消の日から起算して5年を経過しない者

  (許可を取り消された法人の役員等を含みます)

 ⑦風俗営業の取消処分にかかわる聴聞の期日及び場所が公示された日からその処

  分をする日またはその処分をしないことを決定する日までの間に許可証を返納した

  者で、その返納の日から5年を経過しない者 

 ⑧上記に規定する期間内に合併又は分割により消滅した法人又は許可証を返納した 

  法人の公示の日の前60日以内に役員であった者で、その消滅又は返納の日から

  起算して5年を経過しない者 

 ⑨営業に関し、成年者と同一の能力を有しない未成年者

  (ただし、風俗営業者の相続者で、その法定代理人が上記のいずれにも該当しない

   場合を除きます) 

 ⑩法人で、その役員のうちに上記①~⑧のいずれかに該当する場合がある者

場所的要件

都道府県の条例で詳細を確認する必要がありますが、

特に注意を必要とするところをご案内します。

 

①店舗の所在地が都市計画上の用途地域で住居地域にあたらないこと

②店舗周辺に保護対象施設があれば、その施設から一定の距離が離れていること

構造的要件

店舗の構造が下記を満たすこと

 ・客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと

 ・善良な風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾がない

  その他の設備がないこと

 ・客室の出入口に施錠の設備を設けないこと

 ・営業所内の照度が10ルクス以下とならないような構造、設備が整っていること

 ・騒音又は振動の数値が都道府県の条例で定める数値に達しないような構造、

  設備が整っていること

 ・営業のために使う遊技機以外の遊技設備(パチンコ台など)を設けないこと

飲食の提供について

飲食物(酒類含む)の提供は、認められております。

ただし、調理・加工した飲食物を提供する場合は、

食品衛生法による「飲食店営業許可」を取得する必要があります。

 

店舗の構造設備的に「飲食店営業許可」を取得できない場合には、

食品衛生法に抵触しない範囲で飲食物を提供する営業(例えば、出前、スナック菓子、

缶ビール等)になります。

風俗営業許可TOP

許認可

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談