HOME法人・組合設立NPO法人設立 > NPO法人設立の流れ
NPO法人設立

NPO法人設立の流れ

NPO法人設立の流れは、管轄庁にかかわらず共通するところがあります。

設立準備開始から完了までの流れは以下のようになります。

社員・役員の決定、定款・事業計画・収支予算の作成

NPO法人の名称から事務所の所在地、活動内容、社員や役員メンバーなどの組織の詳細を決定していきます。

組織を確定させ、定款・役員名簿・設立趣旨書・事業計画書・活動予算書などを作成します。

法人設立の意思決定
法人の設立総会を開催し、定款・役員名簿・設立趣旨書・事業計画書・活動予算書など承認し、法人設立についての意思決定をします。

管轄庁へ特定非営利活動法人設立認証申請書の提出
管轄庁へ特定非営利活動法人設立認証申請書及び添付書類を提出します。弊社行政書士が代理人として申請を行います。

申請書類の受理、公告及び縦覧(2か月間)
法人の活動が一般市民に広く開かれていることが必要であるため、新しいNPO法人が設立されようとしていることの公告や縦覧及び閲覧を行うこと法律で定められています。この期間は管轄庁は審査を行いません。

申請内容の審査

認証又は不認証の決定

法務局で法人設立の登記
認証の決定を受けた場合、決定を受けた日から2週間以内に法務局で法人設立登記をする必要があります。この登記によって法人が成立します。(弊社へご依頼いただいた場合は提携司法書士が申請を行います)

設立登記完了届出書の提出

 

 

NPO法人に関する申請のご相談はサポート行政書士法人へ

サポート行政書士法人では、これからNPO法人を設立されるから、すでにNPO法人を運営されている皆さまに対して、認証・認定に関する申請サポートや運営面での法務サポート、補助金申請等のサポートを行っております。

弊社の担当者は、全国の都道府県で申請実績がございます。ぜひご相談ください。

サポート行政書士法人

NPO法人設立TOP

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談