HOME経営力向上計画 > 組合設立メニュー

組合設立メニュー

事業協同組合を設立する場合、発起人は最低4人が必要ですが、

経営力向上計画の認定を受けることにより、発起人が3人でも認められます。

 

近年、「事業協同組合を運営したい」というご相談を多くいただきます。
相談理由として最も多いのは「技能実習生の受け入れ事業をしたい」ということです。
技能実習生は特定技能ビザを取得するための申請人要件にもなっています。
今後外国人労働力の需要がより一層高まることを見越して、
ビジネスチャンスと捉えている方が多いということが想定されます。

 

弊社のサポート内容

弊社では、技能実習生の受入体制の作り上げるところから、

実際に技能実習生を受け入れる際に必要な技能実習計画認定やビザ申請まで

トータルサポートが可能です!

事業協同組合設立認可申請代行

監理団体許可申請代行 ※技能実習生の受入事業をする場合のみ

外部監査人対応

法的保護講習の実施

 全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせはこちらから

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. オンライン面談希望
  4. ※必須
  5. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください
 

お客様の声

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認