止めを刺す

島田です。

最近またオーケストラの指揮をしています。
気をつけているのが、「その場で問題を殺し切る」と言うことです。

例えば、、、
「各個の楽器が違う音型を演奏していて、合奏するとそれらが噛み合わない」という時、
よく出くわすのがイン・テンポでその場所を数回練習し、
何となく止まらずに通ったら先に行くと言う方法です。
あれが大嫌いです。
全体でやって合わないものは、その音型を担う楽器ごとに分けてゆっくり弾かせると、
さらに合ってないことがよく分かります。
ゆっくりやって出来ないものが、速くやって出来るはずはないんです。
何となく合ったら先に行く、という対処では、次回の練習には再度同じ問題が復活し、
毎回そこで躓くことになります。
だからこそ殺し切らなければならないんです。

楽器ごとに分けて弾かせる、テンポを落とす、それを互いに聞き合うetc…
こういう手段を必要に応じて使い分けながら、根気よく、徹底的にやります。
その場では多少の時間はかかりますが、こうすれば問題は再発せず、
しかも、のちに似たような問題が生じた時に行うべき正しい練習方法も分かります。

正しい練習を徹底的に行う。
ある種の偏執、執念、あるいは狂気のようなものです。
そういうものが音楽には必要です。

仕事も同じではないでしょうか。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 島田 知樹   パーマリンク

コメントは受け付けていません。