産んで、育てる

どうも、島田です。
出産とか育休とか福利厚生の話はしません。
業績の上げ方について書きます。

前置きは飛ばします。
業績とは、数字です。
うちの会社はあらゆる業務に業績が付きます。
社外との取引も社内の業務も同じ土俵で評価されます。
もちろん、このシステムはいまだ完全ではないですが、常に完全の方向を見て走っています。
つまり、全ての意味ある行いは数字として業績に表れるし、そうでなければいけないということです。

さて、私が見た、業績が上がらない人の特徴を一つ挙げると「頑張っている」ということです。
なんで頑張ってるのに数字はついてこないのか、考えてみました。

私自身は業績について「産み、育てるもの」だと思っています。
そう考えると、どうやったら上がるか分かり易いと思っています。

【産む】
これはつまり、0を1にすることです。
どうやればいいんでしょうか?
簡単です。

『数字になることをやる』『やってることを数字にする』

結局はこの2通りだけです。
お金にならないことをやっても仕方がないし、会社にとってどうしても必要なことをやってるなら、その行為にはお金が与えられるようにルールを変える。
こういうことです。

【育てる】
これは、産んだ1を2や5、または10にすることです。
これはどうやればいいんでしょうか?
実はこれも簡単です。

あなたがある商品を売るとして、どうやったら売上が上がるか考えたら分かり易いです。
そもそも業績は単なる数字で、『単価×件数』で算出されます(実際には按分とかありますが)。

もう分りますよね。
『単価を上げる』『件数を増やす』

この2通りです。

シンプルに考えれば何が必要か見えてきます。

続きはまた次回(忘れっぽい性格なので続くかは未定です)

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 島田 知樹   パーマリンク

コメントは受け付けていません。