先輩の背中を追うのではなく先輩と同じ景色を見る

こんにちは、新宿オフィスのテサロナです。

新人にありがちだと思いますが、「わからない」を言い訳にしていませんか?
わからないから、知識がないから自分にはできない。
とりあえず先輩の見よう見まねをしようと思い先輩の背中を追っていませんか?

専門知識が先輩より劣ることは当たり前です。
そして先輩は新人に専門知識をつけることを求めていません。

チームの一員として、同じ景色を同じタイミングで見てほしいと思っています。
例えば、
〈お客様とのメールの内容を把握して、対応のための話し合いの場を作る。〉
〈添付ファイルの保存をしてファイルを整理する。〉
常に案件にアンテナを張って主体的に動けるようになることが
先輩に求められていることです。

先輩を背中を追って走るのではなく、同じ景色を見て同じタイミングで走れるといいですね。

テサロナ

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: テサロナ ロミーン   パーマリンク

コメントは受け付けていません。