対応力や直感の成功確率を上げるために

「ファーストチェス理論」
チェスの名人に盤面を見せて次の手を考えてもらったところ、
30秒以内で導き出した答えと、
30分~1時間くらい長考して導き出した答えは、
86%が一致したことから生み出された理論だそうです。

仕事でも、
「速く決断して実行に移すことが大事」であることの理由の1つとして、
よく使われている理論で、
1万人のリーダーを研究した結果、
その場で仕事を完結できる人たちのほうが成果を上げやすいそうです。

まさしく、SGが大切にしている「一撃」「スピード」ですね!

時間をかけて考えたり、何度も見返してやり直しても、
大抵は、一撃でスピード対応したときと大差なく、
失った時間で得られたはずの利益や経験の損失の方が大きいです。
「一撃」と「スピード」をトライし続けることで、
対応力や直感の成功確率も上がってきますね!

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 渡辺 敬子   パーマリンク

コメントは受け付けていません。