コロナ禍で得たこと

秋葉原の尾関です!

先日大学の卒業式がありました。
その際に教授に頂いたお言葉がとても考えさせられるものでした。

「コロナ禍で失ったものは多いですが、コロナ禍で得たものは何でしょうか?」
その答えの一つは、今まで見えていなかった問題が見えてきたことです。

私たちの生活とは脆いもので、
マスクがあるだけで、対面で会えないだけで
多くの困難に直面してきました。
その一方で、今まで見えていなかった問題にも価値にも
沢山向き合うことができました。

ですがそれらの問題や価値というものは、
本当に「今まで見えていなかった」のでしょうか?

私が思うに、「今まで見えていなかった」のではなく、
「今まで見ていなかった」だけなのだと思います。
それがこの特別な状況下で「見えやすくなった」だけでした。

見えない、知らないと投げ出すものの多くは
見ていない、知ろうとしていないだけです。

私は大学の人文学でこれらを知ろうとする視点を学んできたのだと思います。

そして、こうした姿勢を今後の業務への姿勢につなげていきたいと思っています。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 尾関 希実   パーマリンク

コメントは受け付けていません。