仕事の本質

こんにちは。大阪の木元春奈です。

仕事の本質とはなんでしょうか。
サービスに独自の付加価値をつけること?
関係者にうまく根回しすること?

「目の前の人を喜ばせること」です。

その目の前の人とは、一番は一緒に仕事をしている人です。
自分にとってやりやすい相手か、
やりにくい相手かなどは関係ありません。

まず、一緒に仕事をしている仲間を喜ばせる。
そうすることで、得意先の担当者を喜ばせる、
得意先のキーマンを喜ばせる、
サービスの先にいる相手を喜ばせる。
そういう「仕事」をすることができます。

「人生で出会う、数少ない仕事仲間と、ともに何かを作り上げること。
そのプロセスを楽しめること。これが、人生の質を左右する。」

この言葉がとても響きました。
仕事の本質に迫れば、人生の質もあがってくる。

業務の改善や、自分の処理スピードのUPというのは、
第一に考えるべきことではないんですね。

仕事相手が先輩であれば、業務内容で喜ばせられる範囲は限られます。
笑顔、挨拶、MTGの準備、他に先輩がやってほしいところはないか?
そういった点に、新人は注目していくと、仕事の本質により迫れます。

視野を広くもって、むしろ任されている業務以外のところでなにができるか、
常に考えていきたいです。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 木元 春奈   パーマリンク

コメントは受け付けていません。