ミスしたときは、リカバリーが必要

鈴木です。

人間は誰でもミスをし、周りに迷惑をかける。

そのときにするべきことがある。

①     謝罪

②     対策

③     リカバリー( = 回復)

 

仕事の打ち合わせに10分遅れたとしよう。

「遅くなってすみません!」が①の謝罪だ。

「今後、早めに着くように、スケジュールの立て方を変更します。」が②の対策になる。

 

ここで終わってしまっては、トラブルが大きくなる可能性がある。

必要なのは、③のリカバリー。

 

リカバリーは、相手の気持ちに沿って、被害を回復することだ。

物を壊したとかの被害は、弁償すればいいので、分かりやすいが、

心情的な被害は、見過ごされやすい。

 

相手は、10分待ったことで、嫌な気持ちになり、打ち合わせに身が入らない状況かもしれない。

その気持ちに沿ったリカバリーをすることが大切になる。

 

相手のを明るくするために、楽しい話を積極的にしたり、

今回はあえて延期にして、打ち合わせの日程を改めて設定したり、

次回以降ち合わせでは、相手よりも早く来るようにしたりする。

 

リカバリーの難しいところは、相手に合わせるところにある。

こうすればOKという法則はなく、その人の心情に沿って、最適な方法を模索することになる。

 

これができると、「雨降って、地固まる」という、マイナスをプラスに転化できる。

 

逆にできないと、いつまでも信頼関係が回復しないことにもなる。

 

自分が謝っても、相手がなかなか許してくれないとき、

逆ギレして、相手を責める前に、

自分が、リカバリーしたかどうかを考えてみよう。

 

 

 

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 鈴木 徹司   パーマリンク

コメントは受け付けていません。