考える

最近、行動指針のように、考える仕事をしましょう、ということがよく言われています。
人間は考える葦である、という言葉もあるように、考えることができるというのは、
人間のストロングポイントなのではないかと思います。

コピーやスキャンを取ったりという雑務も、単純な作業として行うのと、
より効率的な方法はないか、数ある業務の中でどのタイミングで行うのが最適かなど、
考えながら行うのとでは、生産性が変わってくると思います。
雑務であっても、改善を模索しながら行うことで考える仕事になります。

どんなに忙しい時でも、思考停止にならず、常に考えながら仕事をしていきたいですね。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 古田晶稔   パーマリンク

コメントは受け付けていません。