「できない」状況についての考え方

「できない」状況についての考え方・取り組み方

入社1年目、大阪支店の黒瀬です!

社会人になり、仕事する上で上手くいかない、できないことが多くあります。
この「できない」状況の時に、SGとしてどのように取り組み、考えるのかを
鈴木さんからアドバイスを頂きました。

〇できないときは「対策」!〇

できないなと思うとき、「なぜそうなったか?」と分析してしまいがちですが、
分析ではなく、「改善しよう!」と対策する取り組みが大事です。

なぜ?と分析してしまうと過去の自分を振り返り、
ダメだったなぁと落ち込んでしまいモチベーションも下がる傾向にあります。
できないのは自分の責任であり、自分ができていないから上手くいかないと
落ち込むことはその人にも周りに対してもいいことはないです。

そうではなく、特に新人は、できない状況が普通であり、将来の成長を考え、
どうしたら良くなるか対策を考え進んでいくことが、モチベーションを保ち、
成長できる鍵になります。
できない状況は人の責任でもなく、自分の責任でもない。
できないことをできる自分になるために対策を考えることが、
プロになるために大事なことです。

私も大学から新しいスポーツとしてテニスを始めましたが、
経験者と試合をして負けた時、なぜ負けてしまったか分析するよりも
初心者が経験者に勝ったらかっこいいだろうな!と考え、
そのために身長を活かしたサーブを磨こう!等と取り組んでいて、
次に経験者に勝てるために何をするかを考えていました。

仕事でも同じように、かっこいい自分になれるように
どうしていくか対策していきたいと思います!

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 黒瀬拓実   パーマリンク

コメントは受け付けていません。