上司への報連相

こんにちは
新宿の水上です。

今年度入社の社員も2ヶ月が経ち、自分のチームにも
後輩が入りました。

後輩の仕事ぶりを見ていると自分もこんな気持で、
指導されていたのかなと考えさせられます。

指導されたことを振り返るととりわけ重要な事として、
教わったのが、「報連相」です。

報連相と言っても、同僚や近い年次の社員に向けたものではなく、
直属の上司への報連相です。

社会人になる前までは、一人で研究してればよかったし、その報告も
月に1回ある程度で、後はわからないことがあった時に教授に聞くくらいでしたが、
社会人ではそうはいきません。

常に誰かが関わっている状況に置かれることが少なかった私にとって
報連相は、社会人の諸先輩方の常識であっても苦手な部類です。
とはいえ、社会人の常識には変わらないため、日々努力あるのみですね。

自分の苦手と思っていたことが、常識に変わることを期待して頑張ろうと思います。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 水上雄貴   パーマリンク

コメントは受け付けていません。