育成というけれど、いったい何をすれば良いのでしょうか?

経営企画部の天野です。


4月から採用と育成について考えるようになりました。

新入社員が入社し、

早くも各チームで業務を行なっています。


SGでは、集合研修はありません。

直属の上長が教えてくれる、マンツーマンスタイルです。

 

先輩のそばで働く分、すぐに経験を積め、成長できますが、

それでは、「教えてもらった。教えてもらっていない。」

というレベルの差が発生します。


教える側も間違っている場合もあります。

入社1~3年目の社員の割合が多くなってきた今こそ、

全体最適な「育成」が求められています。

しかし、職場での育成とは

実際に何をすれば良いのでしょうか?

先輩社員が、「育成に注力しましょう」という指示を出しても

育成する立場の人は、自分はどの程度、後輩を育成しているのか、

順調なのかが分からないと思います。

 

育成という言葉自体が曖昧ですね。


明確な針を作って、育成する側もされる側も

成長過程が分かり、ノウハウも溜まり、

達成感が得られるような仕組みを作りたいです。


さあ、GW明けから始動します!

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 天野真緒   パーマリンク

コメントは受け付けていません。