19卒の方へ SGで活躍するためのポイントは「いかに仕事を任されるか」

こんにちは。秋葉原支店の熊野です。

今回も、19卒の方々に向けて、最初の1~3年位において、どうしたらSGで活躍できるかな?という点について日々感じることを書きたいと思います。

まず、最初の1~3年で大事なのは、受任担当者から仕事を任せたい!と思ってもらえるかだと思います。

SGでは、最初の1~3年くらいは主に管理担当として、上司や先輩が受任してきた案件を前に進めることを任せてもらいます。任される案件の種類や量、その案件の進め方によって、SGでの活躍の度合いや方向性がだいぶ変わってきます。

成果の測り方はいくつかありますが、やはり数字は重要です。管理担当者は、いくら分の案件を申請したかという申請数字で評価されることが多いです。なので、管理担当者として、成果を出して活躍するためには、いかに受任担当者から仕事を任せてもらえるかが大事です。仕事を任せてもらって、受任担当者を含む周りの人と関係を築きながら案件を進めて、私でもできた!という経験を多く積めれば、自分も楽しいし、結果的に数字もあがるというわけです。

じゃあどうしたら仕事を任せたい!と思ってもらえるかというと、普段からの言動+過去の案件の実績かなと思います。

細かいことですが、印刷物を見た時に誰が出したかすぐにわかるかとか、電話の取次がスムーズかとか、案件以外のことでもぽっと頼んだときにすぐ対応できたかとか、もちろん遅刻しないかとか、そういう普段からの言動は、結構見られています。(秋葉原では、コンビニでちゃんと頼まれたものを買ってこれるかとかも笑)

過去の案件の実績としては、案件を一緒にやったとき言ったことすぐに対応できたかとか、言われたことをやるのではなく先回りして動けてたかとか、シビアに見られてます。

誰しも、やるからには、活躍したいなという想いはあるはずです。これから長い社会人生活の中で、最初の数年をいい感じに進めるかは大事だと思います。なので、19卒の皆さんは、受任担当者から今後どんどん仕事を任せてもらえるように、一緒に頑張っていきましょう。私も精進します。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 熊野成夏   パーマリンク

コメントは受け付けていません。