自分、他人、そして会社のため、意見を言うこと

今の時期は4年生の皆さんが就活をそろそろ終え、これからの人生の道を決める一歩を踏み出すと思いますが、これから進む前の道に何が起こるか分からないですね。

私は1年前、入社する前のインターンとしてSGで仕事をし始めました。これから入社する新入社員にアドバイスをするなら、「自分、他人、そして会社のため、意見を言うこと」というアドバイスを挙げたいと思います。

なぜなら、私は入社した時、できなかったことだからです。

外国人の私は日本の企業で正社員として働くことが初めてでした。周りに優秀な先輩社員、同期の新入社員もたくさんいるので、不安ばっかりを持って、入社しました。日本の企業についてよく聞く話は「上下関係の厳しさ」に関してです。私もそれを聞いて、自分が入社したら、意識して上下関係を厳守しなければならないと思いました。そのため、言われた通りに仕事をし、気づいたことがあっても意見を言いませんでした。全て、いい人間関係を築くためでした。

しかし、SGは違います。とても意見を言いやすい職場です。それは「自分、他人、そして会社のため」です。自分の成長のために、先輩社員の指導を受けながら、業務を進めるだけではなく、先輩社員の成長のためにも、意見があれば、ぜひ言ってほしいという方針は私が初めてSGで習ったことです。人生だって受動的に指導を受けるだけでは成長できると言えません。個人の個性を尊重しあい、お互いに刺激を与えながら、会社と共にいい方向に成長していくという考えがSGの経営理念の一つです。

いい人間関係を築くことも大切ですが、他人の成長のために、自分の意見を言うことの大切さを知るようになりました。

今は、自分が気づいたことがあったらすぐに意見を言ったり、相談に乗ったりするようになりました。私はインターンの期間を除き、入社してまだ1年も経っていないのですが、社員が家族のようにお互いに話し合え、共に成長していける環境だということが、私がSGに入社して一番学べたことだと思います。

これから会社を決める皆さん、新しい環境に入るのを恐れず、自分のため、他人のため、そして自分が選んだ会社のため、意見を言いましょう。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: グエンアイン   パーマリンク

コメントは受け付けていません。