「当たり前」に感謝する

 

 

こんにちは。
名古屋支店の見取です。

私達は、人から親切にされたとき、物などいただいたとき、とてもうれしく思い感謝します。

けど、この感謝する時の基準(尺度)って、人によって様々で、
この基準(尺度)がちょっとずれているだけでも、人によっては「何て無礼なんだ!」
と思ったり、とても親切な人だなと思ったりします。

人から親切にされたときや物を貰ったときなどは、目に見える分かりやすいことですが、
極端な例で言うと、五体満足であること、友人がいること、今日も生きていることなど、
日常の中には感謝することがたくさんあると思います。

その当たり前のことを一番感謝すべきありがたいことだと「気付く」ことが大切で、
それに気が付ける人(普段何気ないことにも感謝できる人)は
周りからの協力を得やすく、より良い人生を送れるのではないかと思います。

周りを巻き込んでいくための大事な要素だと思うので、
改めて自分自身も「当たり前」の基準(尺度)を見直し、つけ上がることなく、
日常に感謝していきたいと思います。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 見取秀祐   パーマリンク

コメントは受け付けていません。