感情を込めて、冷静に判断する

こんにちは、名古屋のアインです。

最近、よく仕事のコツの話をテレビや本などで見ています。
ある心理学者は「仕事のコツは感情を入れないこと」と言っています。

しかし、コンサルタントでは、相手の気持ちを理解することと共に冷静に分析し、判断することが必要だと思います。

相手の話を聞いたら、冷静に状況を分析し、判断できないパターンがあります。
私の話ですが、よくお客様に教えて頂く情報を信じてしまいがちです。時々、とても同感して、
つい、その人の考え方と合わせてしまうことも多いです。その場合、人は人の感情に引かれると、冷静に考えることはできなくなります。

また、相手の気持ちを理解しないと、相手の状況にベストなアドバイスもできず、ただ話を聞いて、
答えを投げるだけではコンサルタントとは呼べないと思います。
あるお客様が相手の日本人との恋愛関係が全くありませんが、
日本に残りたくて、結婚してから日本人の配偶者等に変更したいという相談がありました。
そもそも結果としては「偽造結婚と知る上ではビザ変更申請のサポートはできません」となりますが。
解決できない困っていることにもかかわらず、冷たく断れたら、とても不安だと思います。

コンサルタントはお客様の人生に関わる仕事なので、悪いか良いかではなく、
その気持ちを理解して、一番いい答えを見つけるようにしたいです。
お客様にとって一番いい方向へリードしていきたいと思います。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: グエンアイン   パーマリンク

コメントは受け付けていません。