Payforwardと恩送りの文化論/朝MTG発表

話をする中山
こんにちは!

経営企画部/金融/ドローン担当の中山です。

サポート行政書士法人では朝の時間を使って各自がアイディアを持ち寄り、いろいろな話をします。今回は私が話した「Payforwardと恩送りの文化論」の話をここでも共有したいとおもいます。

プロフィール 担当
中山
  • 仮想通貨交換業
  • 資金移動業
  • ドローン
  • 著作権保護
  • Payforwardと恩送りの文化論

    恩送りの文化論のホワイトボード

    概ねこちらのホワイトボードの流れで、ところ曰くPayforwardの精神について解説しました。

    そもそもPayrforwardとは英語では「Pay it forward/Pay forward」と使い、実用日本語表現辞典では、以下のような意味になります。

    ある人物から受けた親切を、また別の人物への新しい親切でつないでいくことを意味する英語。または、多数の人物が親切の輪を広げていくための運動のこと。アメリカ合衆国などで突発的に一つの場所で行われることが稀にある。ちなみに同一人物にお返しすることはペイバック(pay it back,pay back)というが、これでは2人の間で親切が途切れてしまう上、悪い意味でのお返し(復讐)の意図も含んでしまうことがある。
    ペイイットフォワード 実用日本語表現辞典

    辞書的に正しいかは分かりませんが、日本語訳としては「恩送り」というのが、日本では一般的かと思います。恩返しとは違うんです。

    このペイフォワードの考え方が、いうならば資本主義の精神であり、そしてアメリカやヨーロッパのエリートが理想として持っている考え方なのです。アメリカのセレブはかなり慈善活動に熱心ですよね。実際にどこまで本音かは分かりませんが、お金持ちは寄付すべきというのが、世界のリーダーの考えていることなのです。

    じつはこの感覚はキリスト教の予定説や隣人愛をベースにした考え方で、どうにも日本人には理解できないところがあります。日本人は因果応報的な世界観なので、恩返しはあっても恩送りは普通じゃないですね。ですがSGは世界的なリーダーを生み出す会社。この考えを理解することは、そのためにとても大事なことです。という訳で、どういった経緯でその考えが生まれ、そして現在どのように社会に生きているのかを発表しました。

    代償を求めず、ただ善行を行う。Paybackではなく、Payforward。

    リーダーは部下から何かをもらおうと思って指導していたなら、なんだか器の小さい話ですよね。だからPayforwardの考え方はリーダーの最も重要な要素だと言われます。

    Payforwardに満ちた会社に、SGもなって行けたらいいですね。

    私も微力ながらちいさなPayforwardをしていこうと思います。

    blog の紹介

    サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
    カテゴリー: 中山祐輔   タグ:   この投稿のパーマリンク

    コメントは受け付けていません。