横に並んでみる

私は「東京03」というお笑い芸人が好きで、ライブを観に行ったりします。

最近、テレビのコント番組でもやっている「同期会」というネタがありまして、
去年の彼らの定期公演でやっていたネタなんですが、ライブで観たときからツボに入ったネタです。

簡単に内容を説明すると、

部下を持つ中堅社員が、居酒屋で同期会をしている設定
部下の言動や行動について愚痴を溢すものの、結局、自分たちもできていない

といった感じです。

面白おかしくしている部分はあるんですが、
何か失敗や間違いをすると、

「違うんですよ」や「いや、わかってるんですけど」と、

自分を正当化する言い訳をするのが気にくわない!といって話を盛り上げていくコントです。

※最近DVDが出たので、気になる方はチェックしてみてください!

初めて観たときから「いるいる!笑」とツボに入ったんですが、
自分自身に目を向けたときに、「自分は後輩に対してどうしているか」を考えてみました。

私の中には、
「自分ができないことを、他人に押しつけたくない」
という想いがあります。

この心理だと、仕事上、難しい案件等自分でもすぐにできない仕事を部下に依頼することはなく、
自分が時間をかけてやってしまうといった行動に繋がってしまいます。

個人的にこの行動の心理は、
「相手に悪く思われたくない」という気持ちがはたらいているからだと思っています。
それと、自分の恥や弱みを他人に見せたくない美学みたいなのもあると思います。

ただ最近、この考え方が変わってきました。

以前は先輩として、常に後輩よりも一歩前にいて引っ張っていくイメージを意識していたのですが、
今は一歩後ろに下がって「並走する」を心掛けるようにしています。

自分のできない部分、弱い部分も含めて後輩に見せつつ、
「俺もできないけど、一緒にやってくれや」と言わんばかりに笑、仕事に取り組む考えに変わってきました。

これが成長なのか自信はありませんが、自分自身の変化を感じたタイミングの話でした。

東京03のライブもいいですが、ラジオもおすすめです。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 三瓶良輔   パーマリンク

コメントは受け付けていません。