「思い込み」と「柔軟の発想」


決めつけや「絶対」と思い込んでいると、逆に苦しい状況から抜けられない状況に陥る傾向がある。
うまくいけない時こそ、楽観的に柔軟な発想を心かけるべきだ。
私は、そう思っています。

みなさんの高い期待や仲間たちの「応援しているよ」という強い気持ちに応えたくて、
一生懸命頑張っている人は、私の友人の中にたくさんいます。

結局、能力も自分の思いについていけなく、
能力や思いギャップがだんだん大きくなっていく一方です。

この時に、「絶対よくなる」ということを思い込むと、
プレッシャーが大きくなって、
もともと見えてきたものも見えなくなり、
いつもの能力が発揮できないケースが多いです。

だんだん心の悪循環に入っていき、
最後に、壊れてしまって、二度と立ち直れない悲しい状況となる可能性があります。^^

同じ状況に陥らないように、
私たちが必要なのは、
「失敗した気持ち」でなく、「どのように改善していく対策」です。

落ち込みそうな時に、
私たちが必要とするのは、
目の前の失敗から一旦目を離し、
深呼吸をして、
解決策を考えて、問題を乗り越えることです。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 汲澄澄   パーマリンク

コメントは受け付けていません。