行列のできる店

 

 

先日、神保町にあるとある焼肉店へ行ってきました。

そこはランチ時には行列は当たり前、2時間待ちがざらにあるところです。
当日は2時間半待ってやっと食べることができました。
(友人が先に並んでいてくれたので、僕は20分程しか並んでいませんが笑)

正直ここまで並ぶなら・・・と思うところはあったものの、美味しさが勝ったのでよしとしてます。

昔、恵比寿オフィスに勤務していた頃、オフィスの近所に開店前から常に行列ができている某有名フレンチ店がありました。
ここはチェーン店で今でも着々と店舗を増やしています。

どのような方針で経営しているのか気になって調べてみると、秘訣は2つありました

①ドミナント戦略を用いる
これはウォルマートやスターバックスが行っている戦略だそうで、ある地域で圧倒的な存在感=ドミナンス(圧倒性)を確立したら、次の地域へと侵攻していくという戦略とのこと。このフレンチ店は現にある地域では系列店が近隣に8店舗もある。

また、この戦略のいいところは行列を経営資源として有効活用出来ることであり、
通常お店が混んでいれば、そこに来た顧客は他店に流れてしまう。しかしドミナント戦略なら、系列の別のお店に顧客を案内することができるようになるそうです。

②回転率を上げる
店内は基本立ち飲み形式で、顧客の回転は着席型のレストランよりも早い。しかも、驚愕の料理が驚愕の価格で供せられるという噂が噂を呼び、お店の前に行列が途切れることがないから、この種の業態としては異例の高回転が達成できる。これにより原価率を上げても利益が出るというビジネスが成立するそうです。

何気なく見ていた行列も詳しく調べると、戦略的経営の効果だったりするんですね。

いつか行こうと約束した店。
恵比寿が少し恋しくなってきました。。。笑

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 三瓶良輔   パーマリンク

コメントは受け付けていません。