カテゴリー別アーカイブ: 佐藤 賢

自分がこれまでの人生で学んだ最も大切なこと

おはようございます!
新宿オフィスの佐藤です!

今日は、タイトルの通り、今までの人生で最も大切なことを
誰からどう学んできたかを書きたいと思います!

私が最も大切なことを学んだのは「美輪明宏」さんです。

私は高校まで、少し脱線しかけたりはしながらも、良い中学に行き
良い高校に行くといういわゆる「順調なコース」を歩んでいました。

そして、名の知れた「いい大学」に入学しました。

しかし、そこで私は一気にレールを踏み外しました。

理工系の学部でしたが、全く勉強する気が起こらず、授業に行かずゲームセンターに入り浸っており、当然単位もほとんど落としました。
そして1年後、退学し、文系学部に入り直しました。

しかしそこで、また堕落しました。
授業にしっかり行ったのは最初の一ヶ月くらい、あとは同じく不真面目な友人と街をふらついて
放埒に過ごしていました。

なぜ自分は大学に入ってからこんなにも堕落したのか?
それは、目的がわからなかった、そして努力する意味がわからなかったからです。

いい大学に行き、いい企業に入ったからって、死んだ目で満員電車に揺られている「楽しくなさそうな」サラリーマンになるだけだ。
だったら、未来のことなど考えず、この大学というモラトリアムにだらだらぶら下がってとことん堕落して「今」を好き勝手生きよう。

そんな風に考えていました。

つまり自分は、努力したってなんにもならないんだという閉塞感に心が覆われていたのです。

しかし人間は、好き勝手生きて何の罪悪感を感じずにいられるほど強い生き物ではありません。
友人と街をヘラヘラ笑ってふらつきながらも、心の中では自分は本当に駄目な人間だという
自己嫌悪の念が渦巻いていました。

そのような苦しみの渦中にいたとき、救いを求めて書店に足を運びました。
そして出会ったのが美輪明宏さんの本です。

彼は、華美なイメージからか多くの方はご存じないかと思いますが、若い頃ホームレス生活を
経験したり空襲におそわれ九死に一生を得る経験をしたり、壮絶な人生を歩んでいます。
自分の力だけで自分の人生を切り開いてきた彼の言葉は、無気力で希望を失っていた自分に大きな感動を与えました。
もちろん彼の本を読んですぐに行動が180度変わったというわけではありませんが、
何冊も読んでいるうちに彼の言葉が自分の血肉となり、自分の生命力となっているのを
感じるようになりました。

最も印象に残っている言葉は「すべて自分次第」という言葉です。
私は自分の人生は自分でなど決められず、結局レールにのっかったまま誰とも
同じような人生を歩んでいくしかない思っていて、それが無気力の大きな原因でしたが、
自分でしっかり努力すれば自分の人生はいくらでも切り拓いていける、
いくらでも良い方向に持っていけるということを心から理解するようになってから、
私の行動は全く変わりました。

不真面目な友人とは付き合わなくなり、アルバイトをしっかりするようになり、
大学に真面目に通うようになりました。

そして彼の言葉は私の心で生き続け、
無事大学を4年で卒業して就職した今もしっかりと根付いています。

彼の教えで自分の人生はまるっきり変わりました。
私の人生の中で最大の師です。

ただ私は、彼から教わったことをただ自分の中にとどめておくだけではいけません。

自分が教わったことを、他の人にギブする。これが大事です。

社会人になってからは、今まで立場上「与えられる」立場だったのが「与える」立場になります。
仕事を通じて、世の中に貢献していく、これが社会人の役割です。

今行っているチームに関する研修で「自分が相手に愛情を持ってギブしていく、
つまりwin-winの関係」、これが本当のチームだということを学びました。

仕事は人と人との関わりから生まれるので、必然的に「チーム」が生まれますが、
チームを組む相手が同じ会社の社員であっても、お客さんであっても、そのことを忘れず、
美輪明宏さんから学んだことや、親、教師などから学んだ様々なことをどんどんギブしていきたい
と思います!

 

~変化の時代で生き残っていくために~

こんにちは!
新宿新入社員の佐藤です!

入社して3ヶ月弱が2ヶ月半が経ちました。

今日は、今朝社長同席のもと、新入社員と二年目の方で行った
「チームビルディング研修」の内容を共有します!

この研修は、麻野耕司著「THE TEAM」という本を何ページかずつ
読み進め、その内容について皆でディスカッションするというものです。

今回扱った章では、人が入れ替わる=本当に駄目なチームなのかという
テーマを扱いましたが、みなさんはどう思いますか?

例えば会社に落とし込みましょう。
離職率が高い会社は駄目な会社なのか。

皆さんのイメージはいかがでしょうか?
おそらく、離職率が高い会社は良くない会社で、低い会社は良い会社と
思っている方がかなり多いのではないでしょうか。

しかし、ここで一度立ち止まって考えてみましょう。
本当に入れ替わりが激しいことは、デメリットしかないのでしょうか?

新陳代謝、という言葉があります。
組織がどんどん更新されていくことを意味した言葉ですが、
これは実は会社(チーム)にとって大切なことなのではと思います。

例えば愚痴ばかり行って前向きな発言、アクションを一切しない
社員や、何かにつけて意図的に同僚の足を引っ張るような社員は、
会社にとってプラスになることはないでしょう。
そういった社員がずっと残っている会社よりは、そうして社員が
淘汰され、建設的なアクションや発言を発する社員が入ってくる
会社の方が「いい会社」だと私は思います。

さて、今日本は、そして世界は大きな変化の時代を迎えてきます。
IT化が世の中を席捲し、AI、自動運転など新たな技術がどんどん
現れてきています。
そういった時に、変化しない会社は生き残っていけるでしょうか?
世の中が変化しているということは、需要が変化しているということ、
つまりこれまでとは違ったサービスを提供していかなければ淘汰されて
しまうということです。
これからは、変化を恐れず柔軟に対応していく適応力のある会社が世の中で
生き残っていくでしょう。

サポート行政書士法人もそういった環境で生き残っていくために、
一人ひとりの社員が世の中の変化にアンテナを張り、知識を身につけ
備えていくことが肝要です。
自分も1社員として、新聞をこまめによんだり、お客さんとの会話の中から
市場環境を察知したりといった変化を怠らないようにしていきます。

社会人になって

こんにちは。

今年新宿本店に入社いたしました1年目の佐藤 賢です。
さて、私は諸事情あって大学に7年間通いました。
(念の為申しますと留年は一回もしたことがありません笑)

大学時代は色々なことをしましたが、後半は「教養を身に
つける!」というざっくりしたテーマで色んなジャンルの
音楽を聞いたり、最近から昔の映画まで色々と観たり、
様々な本を読んだり、と楽しく過ごしておりました。

そのおかげで観たい映画や観にいきたい絵、読みたい
本がたまり今も休日、楽しく過ごせているので良かったと
思います!

さて、私は結構インスピレーションとか、おみくじとかを
信じる派なのですが、今年の元日引いたものには「一心に
努めなさい」というメッセージが書かれておりました。

7年越しで社会人になったタイミングのこのメッセージは、
仕事を頑張りなさいという意味だと解釈しています。

メモが散らばってどこかに行ってしまったり、業務の
スピードがまだまだ十分でなかったり、質問内容が
とんちんかんだったり、失敗の数を数えれば枚挙に
いとまがないですが、めげずに励んでいきたいと
思います。

上司が社内の共有アドレスに送ったメールの言葉で、
「行動しまくって、良い失敗をたくさんして欲しい」という
ものがありました。

元来行動の前に色々考えてしまうタイプではあるの
ですが、経験と失敗を重ねることが成長につながると
思うので、実践していきたいと思います。

そのためにまず、思ったことは全てどんどん言う、
違和感やわからなことは逐一きいていくということを、
言うほど簡単なことではないと思いますが、徹底して
いきたいと思います。

しっかりと食べて寝て、元気にやっていきたいと
思っているので、引き続きよろしくお願いします!

写真は卒業式のものです。

7年通ってもう学生は十分、これからも頑張ろ!という
気持ちであふれた表情ですね(笑)