在留特別許可

在留特別許可 行政書士法人 大阪 名古屋 東京 横浜


当社へのご相談が多い在留特別許可申請のケース 
・密入国や不法滞在しているが、日本人や永住者と結婚している
・不法滞在者だが日本国籍の子どもがいるため日本で扶養したい
・オーバーステイしている恋人と結婚したい

 

在留特別許可とは、不法滞在や不法入国などで違法に日本に滞在している外国人が、
法務大臣から例外的に許可を受け、特別に在留資格を取得することです。
 
判断基準は、在留希望理由や家族状況、日本での生活歴、
人道的配慮の必然性などを総合的に判断されます。

◆仮放免制度についてはこちら
◆退去強制手続きについてはこちら
 
当社では、申請者の具体的な状況をうかがったうえで、サポートいたします。
当社は、東京・名古屋・大阪にオフィスがあり、
経験と実績の豊富な『在留特別許可申請専門スタッフ』が、
お客様おひとりおひとりのご相談に対応しております。

ご自身では在留特別許可の取得・更新・変更が難しい案件でも、一緒に解決方法を探し、サポート致します。
自分で入国管理局に在留特別許可申請を行って、不許可になった方の再申請もお任せください。
中国語・英語対応のスタッフもいるので、日本語では相談が難しい方でも安心です。
それぞれのご事情に合わせた準備を行うことで、後々のトラブルを回避し、
日本に在留しやすくなるための環境整備のアドバイスも行っております。

相談は何度でも無料ですので、まずはお気軽にご連絡下さい!

技術査証visa申請担当
私たちにおまかせください!



■在留特別許可申請を行って、「追加資料提出通知書」が入国管理局から届いた方 在留特別許可担当
追加資料の通知は、不許可になったわけではありません。
追加資料の提出は、スピードが命。
通知書が来た日から1~2週間以内に提出しないといけないケースが多いので、
できる限り早い対応が必要です。
追加資料提出のサポートも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。
詳しくはこちら【ビザ追加資料提出サポート】


■在留特別許可申請を行って、不許可になった方・再申請を行いたい方 在留特別許可担当
不許可通知が届いたからといって、
ビザ取得を諦める必要はありません。
何故不許可なのか、その理由を確認・改善して再申請すれば、
許可になる可能性はあります。
当社では、入国管理局への不許可理由確認同行、再申請サポートを行っています。
詳しくはこちら【ビザ不許可理由確認・再申請】

在留特別許可申請をご依頼いただいたお客様の声


妻が外国籍で、実はオーバーステイをしていた、という事を聞いた時には愕然としました。
 何とか日本で一緒に暮らし続けたい、といくつかの事務所に相談し、
 その中で最も親切に対応してもらえそうな御社を選びました。

 正直、あきらめ半分でしたが、御社はとても迅速に、
 私たちの意思を汲んだ書類を作成してもらえました。

 妻の在留が認められたときは、本当に涙が出ました。
 御社のおかげで今も日本で妻と共に暮らす事が出来ています。
 本当にありがとうございました。

在留特別許可申請 ご依頼の流れ

在留特別許可担当
お問い合わせ

在留特別許可担当 在留特別許可申請に関する相談は何度でも無料です。

中国語・英語での相談や、
ご予約頂ければ時間外・土日の相談も可能です。
まずはお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。
お問い合わせはこちら
在留特別許可担当
ご相談、申込み

現在の状況を確認した上で、在留特別許可申請方針をご説明いたします。
報酬の支払い時期や成功報酬については、担当者とご相談ください。
見積り金額やサービス内容にご納得頂いたうえで、ご依頼いただきます。
在留特別許可担当
書類作成

在留特別許可担当 在留特別許可申請の必要書類は当社で収集・作成いたします。
また、中国語・韓国語・英語の書類の翻訳も
当社で行っています。

※別途、証明書等の取得費用(実費)と
翻訳料(1,000円/枚)がご申込者負担となります
在留特別許可担当
入国管理局へ申請

お客様に代わって当社の行政書士が入国管理局へ在留特別許可代行申請を行います。
お客様は入国管理局へ出向くことがなく申請ができます。
在留特別許可担当
許可通知

在留特別許可担当 審査の結果、問題が無ければ通知が、 入国管理局から当社へ届きます。
また、万一不許可になった場合も、ご依頼者の要望に応じて、
再申請を行います。

在留特別許可により在留資格がもらえる可能性が高いケース

①:日本人の配偶者であること(または結婚の予定がある)
②:日本国籍を持つ子どもを養っている。
③:「永住者」または「定住者」の在留資格を持つ人と結婚している(または結婚の予定がある)

在留特別許可申請を動画で解説

在留特別許可とは
オーバーステイの時の在留特別許可申請ポイント

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせはこちらから

お問い合わせいただいた方には、原則、当日または翌営業日にご返信しています。


2営業日以上連絡がない場合は、送信できていない場合があります。
お手数ですが、もう一度、当フォームよりお問い合わせください。

 

なお、お電話でのご相談も受け付けております。
お気軽にご相談ください!

  1. 相談希望オフィス
  2. #送信ボタンは、1回だけクリックしてください#
 

在留特別許可TOP

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談
  • 秋葉原オフィス