特定活動ビザ

両親を呼び寄せるビザ(老親扶養ビザ)

■高齢の両親を本国から呼び寄せ、一緒に日本で暮らしたい
■日本で家族滞在の在留資格を取得し居住しているが、本国の両親を誰も面倒をみる人がいない。
■安心して生活してもらうために親を日本に呼び寄せたい。
■自分は働いているので、親に子供の面倒を見てもらいたい
日本で暮らす外国人の方で、上記のお悩みを抱えている方はたくさんいます。
通常、親族訪問目的の「短期滞在」という在留資格では、最長でも90日しか日本に滞在できません。
そのため、長期間安心して生活してもらうことは短期滞在では不可能です。
この場合は、「特定活動ビザ」で招聘する方法が考えられます。

特定活動(老親扶養)ビザの要件

特定活動(親の扶養)の認定は、法務大臣(入国管理局)の総合判断になっています。
そのため、一つ一つ基準を説明していくことが重要です。
その時のポイントを解説します。


1: 呼び寄せる親が高齢(おおむね70歳以上)であること
入管も、形だけの審査を行っているわけではないので、
必ず70歳以上でないと申請できないということはありません。
病気や障害がある等の事情を丁寧に説明していけば、
たとえ70歳未満であっても、認定される可能性はあります。

2: 呼び寄せる親を扶養する親族が本国にいないこと
本国に親族がいない場合は、親族がいないことを説明すればよいのですが、
そうでない場合でも必ずしも認定されないというわけではありません。
例えば本国の両親が共に貧しく、生計の見込みが立たない場合などは、
夫婦両方の認定申請をすることもできます。

3: 日本国内で呼び寄せようとしている外国人が、適切な扶養者であること
日本国内にいる外国人が、子である場合、子であるという事実に加えて、
他の親族よりも適切な扶養者であることを説明することで認定の可能性を高められます。

4: 日本国内で扶養しようとする外国人が、親が生活するための生活費を負担できること
税金を滞納していないこと、その他、預金や、生計面での安定的収入があること等の説明が求められます。

当社では、どのような書類を使って、どの点を強調して申請するべきかの相談にも応じております。
ぜひお気軽にご相談下さい。
(中国語・英語での相談OKです)

両親呼び寄せビザ担当
私たちにおまかせください!

特定活動(老親扶養)ビザでよくある質問

両親2人を日本に呼ぶことは可能ですか?
許可の可能性はありますが、申請者とご両親の状況や、日本に滞在する目的などにかなり左右されることが予想されます。
特定活動ビザが取得できれば日本と本国を行き来できる?
日本と本国の間を行き来は特段制限されません。ただ、合計した日本での滞在期間が短いと、ビザ更新の審査が厳しくなり、不許可となる可能性もありますので注意して下さい。
両親は日本で働くことができますか?
特定活動ビザは、日本で扶養を受けるための在留資格(ビザ)です。
収入を伴うような活動はビザでできる活動である「日常的な活動」に当てはまりませんので、収入を得る活動はできません。ご注意ください。
どれくらいの期間日本で暮らせますか?
審査内容によっても期間は異なりますが、1年以内という範囲において、在留資格が与えられ、個々の案件に応じて法務大臣(入国管理局)が定めます。
なお、このビザは長期ビザになりますので、更新が可能です。
生活保護を受けていますが、母親の呼び寄せはできますか?
親の扶養という目的ですので、日本における扶養者の経済面・生計面が安定していることが大前提です。そのため、生活保護を受けている方が親を呼ぶことは難しいです。
特定活動(高度人材)を取得すると、両親の呼び寄せは簡単になりますか?

原則として現行制度では、就労を目的とする在留資格で在留する外国人の親の受入れは認められませんが、特定動(高度人材)を取得されている方については一定の条件下にはなりますが、下記の目的での入国・在留が認められています。

<目的>
・高度人材外国人又はその配偶者の7歳未満の子(養子を含みます)を養育する場合
・高度人材外国人の妊娠中の配偶者又は妊娠中の高度人材外国人本人の介助等を行う場合

<主な要件>
1. 高度人材外国人の世帯年収が800万円以上であること
(高度人材外国人本人とその配偶者の年収を合算したものをいいます)
2. 高度人材外国人と同居すること
3. 高度人材外国人又はその配偶者のどちらかの親に限ること

その他、高度人材外国人には様々な優遇措置があります。

詳しいことは、以下高度人材HPにご参照下さい。

【高度人材ビザHP】

特定活動(老親扶養)ビザ申請の流れ

お問い合わせ

両親呼び寄せビザ担当 相談は何度でも無料です。

中国語・英語での相談や、
ご予約頂ければ時間外・土日の相談も可能です。
まずはお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。
お問い合わせはこちら

ご相談、申込み

現在の状況を確認した上で、申請方針をご説明いたします。
報酬の支払い時期や成功報酬については、担当者とご相談ください。
見積り金額やサービス内容にご納得頂いたうえで、ご依頼いただきます。

書類作成

両親呼び寄せビザ担当 必要書類は当社で収集・作成いたします。
また、中国語・韓国語・英語の書類の翻訳も
当社で行っています。

※別途、証明書等の取得費用(実費)と
翻訳料(1,000円/枚)がご申込者負担となります

入国管理局へ申請

お客様に代わって当社の行政書士が入国管理局へ代行申請を行います。
お客様は入国管理局へ出向くことがなく申請ができます。

許可通知

両親呼び寄せビザ担当 入国管理局から通知が届き、
その後当社の行政書士が新しい在留カードの
発行手続きに入国管理局へ出向きます。

特定活動(老親扶養)ビザを動画で解説

高齢の両親を本国から呼び寄せるビザは?
親を日本に呼んで、病院に通いながら一緒に暮らすことができますか?
外国人が親と一緒に日本で暮らすことはできますか?

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせください(相談無料、見積り無料)

  1. ※必須 Required
  2. ※必須 Required
  3. ※必須 Required
  4. ※必須 Required
  5. 連絡希望時間等、連絡事項があればごちらへ
    Reservation time / anything else to inform us
  6. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください。
  7. 【注意】送信ボタンは複数回押さないようにご注意ください
 

特定活動ビザTOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談