留学ビザ

留学生就職実例集

  「先輩たちは、どんな仕事どんなビザで働いているの?」
  転職したらどうなるの?」
  結婚したらビザはどうすればいいの?」
  「留学期間が終わっても就職活動を続けたい時のビザは?」

   など、将来のビザに関する不安や、日本での就職を目指す皆さんの疑問を解決!

   サポート行政書士法人は、日本で働く皆さんを全力で応援します!

留学生の先輩たちはこんなビザで働いている!

就労ビザ 事例 サポート行政書士法人

↘「技術ビザ」の詳細はこちらから!

就労ビザ 事例 サポート行政書士法人

↘「人文知識・国際業務ビザ」の詳細は
こちらから!

就労ビザ 事例 サポート行政書士法人

↘「人文知識・国際業務ビザ」の詳細は
こちらから!

就労ビザ 事例 サポート行政書士法人

↘「永住ビザ」の詳細はこちらから!

一般企業に就職していない人は、こんなビザを取得している!

就労ビザ 事例 サポート行政書士法人

↘「投資経営ビザ」の詳細はこちらから!

就労ビザ 事例 サポート行政書士法人

↘「家族滞在ビザ」の詳細はこちらから!

就労ビザ 事例 サポート行政書士法人

↘「特定活動ビザ」の詳細はこちらから!

就労ビザ 事例 サポート行政書士法人

↘「配偶者ビザ」の詳細はこちらから!

こんな場合はどうするの?

日本で仕事をする外国人の配偶者(夫や妻)や子供を呼び寄せる場合、
家族滞在ビザという在留資格が必要です。

職務内容がかわらず、期限に余裕が有る場合は特に手続きは必須ではありませんが、
その後の申請のために転職前に、
就労資格証明書交付申請をすることをおすすめします。

日本人と結婚した場合、配偶者ビザに変更します。
配偶者ビザを取得すると、他のビザと比べて永住申請の要件が緩和されます。
外国人と結婚した場合、配偶者の扶養に入る場合は
家族滞在ビザへの変更が必要です。

留学生が卒業後に継続して就職活動を行うときは、特定活動ビザに変更します。
期間は通常6ヶ月間で、更新する事で最長1年間の在留が可能です。

自分で会社を設立する場合は、投資経営ビザに変更します。
会社を設立する場合は
法人設立の手続き、飲食店等の開業の場合は、別途許認可が必要です。

留学生の場合、「就労の資格を得て5年以上経過している」などの要件を満たすと、
永住申請が可能になります。
永住が許可されると、在留期間・在留活動の制限がなくなります。 

日本国籍を取得し、日本人になるためには帰化という手続きを行ないます。

お役立ちリンク

当社Facebookページ
『外国人留学生就職支援広場』

当社Facebookページ
『ビザ情報 byサポート行政書士法人』

お問い合わせ

留学ビザTOP

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談