帰化

Q&A

帰化申請に関してよくあるご質問

当社への依頼に関してよくあるご質問

帰化申請に関してよくあるご質問

  

帰化申請にはどの程度の日本語能力を求められますか?

だいたい小学校3年生程度読み書きができる日本語能力が求められています。

申請時には「動機書」の自筆で作成します。

また、面接時に「動機書」の読みあげを行うこともあります。 

  

  

帰化申請の面接でよく聞かれる事は何ですか?

面接では、帰化の動機、申請書に書かれている内容などについて、 聞かれます。

  

  

  

無職でも帰化申請できますか?

帰化申請者自身が無職でも、 同居している家族に安定した収入があれば申請は可能です。

 

  

  

帰化許可後の名前は自由に決められますか?

ひらがな、カタカナ、人名漢字表に記載された漢字の範囲内であれば、

自由に決めることができます。

ただし、夫婦の場合は、姓は同じにする必要があります。

(法務省サイトで確認できます。)

  

  

審査には、どのくらい時間がかかりますか?

審査は通常8ヶ月~1年程度かかります。

特別永住者の方については審査期間が短縮され、 比較的短期間で許可されることもあります。

  

  

一度申請で不許可になった場合、再び申請できますか?

不許可の事情が解消できれば、申請が可能な場合もあります。

不許可の理由を法務局にきちんと確認してください。

当社への依頼に関してよくあるご質問

  

相談は無料と書いてありますが、本当ですか?

相談は何度でも無料で行なっています。 電話相談だけでなく、面談でも無料で相談できます。

料金が発生する際は、事前に見積りを出し、 ご依頼者の了解を得た上で行いますので、

ご安心ください。

  

  

住民票や納税証明書等の証明書取得はどうなりますか?

ご依頼者本人しか取得できない証明書以外は、当社で代行取得が可能です。

(当社で取得する場合、実費をいただきます)

中国語・韓国語・英語の書類の翻訳も当社にて行います。

※別途、翻訳料(1,000円/枚)が発生します。

  

  

業務依頼後にキャンセルする場合、 どうなりますか?

ご依頼者の事情によるキャンセルの場合、

通常、帰化手続報酬の半額を返金致します。

詳細はお申し込み時にお問い合わせください。

  

  

オフィスに行けないところに住んでいるのですが、対応してくれますか?

まずはお電話かメールにてご相談ください。 必要に応じて、出張等で面談いたします。

  

  

平日仕事で行けない場合、対応してくれますか?

事前にご予約いただければ、夜間・土日の相談も可能です。

ご依頼者の都合の良い時間にゆっくりとお越しいただけます。

  

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせはこちらから

  1. 相談希望オフィス
  2. #送信ボタンは、1回だけクリックしてください#
 

帰化TOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談