家族滞在ビザ

■自分は日本で働いているが、本国から妻(夫)を呼び寄せて一緒に暮らしたい
■自分で家族滞在ビザ申請を行って、不許可になってしまった…
■留学生同士で結婚したので、留学ビザから家族滞在ビザへ変更したい
■家族滞在ビザの申請期限が迫っている



日本の家族滞在ビザ申請を考えていらっしゃる方から、上記の相談をよく頂きます。
当社は、東京・名古屋・大阪にオフィスがあり、
経験と実績の豊富な『家族滞在ビザ申請専門スタッフ』が、
お客様おひとりおひとりのご相談に対応しております。

ご自身では家族滞在ビザの取得・更新・変更が難しい案件でも、一緒に解決方法を探し、サポート致します。
自分で入国管理局に家族滞在ビザ申請を行って、不許可になった方の再申請もお任せください。
中国語・英語対応のスタッフもいるので、日本語では相談が難しい方でも安心です。
それぞれのご事情に合わせた準備を行うことで、後々のトラブルを回避し、
日本に在留しやすくなるための環境整備のアドバイスも行っております。

相談は何度でも無料ですので、まずはお気軽にご連絡下さい!

家族滞在査証visa申請担当
私たちにおまかせください!



■家族滞在ビザ申請を行って、「追加資料提出通知書」が入国管理局から届いた方 家族滞在ビザ担当
追加資料の通知は、不許可になったわけではありません。
追加資料の提出は、スピードが命。
通知書が来た日から1~2週間以内に提出しないといけないケースが多いので、
できる限り早い対応が必要です。
追加資料提出のサポートも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。
詳しくはこちら【ビザ追加資料提出サポート】


■家族滞在ビザ申請を行って、不許可になった方・再申請を行いたい方 家族滞在ビザ担当
不許可通知が届いたからといって、
ビザ取得を諦める必要はありません。
何故不許可なのか、その理由を確認・改善して再申請すれば、
許可になる可能性はあります。
当社では、入国管理局への不許可理由確認同行、再申請サポートを行っています。
詳しくはこちら【ビザ不許可理由確認・再申請】

家族滞在ビザ申請をご依頼いただいたお客様の声


職業が調理師(コック)だと、
奥さんの呼び寄せが難しいと聞いていましたし
前回申請した時は、不許可だったので心配していました。
再申請して、審査は長かったけれど
許可が下りたのでとても嬉しいです。

また奥さんと日本で一緒に暮らせると思うと、幸せでいっぱいです。
ありがとうございました!本当にに感謝です!!

以前、就労ビザ申請が不許可になり
母国へ帰国していましたが、
家族と一緒に日本で暮らしたいという思いが強く、
今回は家族滞在ビザの申請でビザ取得を目指しました。
値段も合理的で信用できそうだと思い依頼しました。
期待通り、信頼のおけるスタッフの方に担当していただけて大満足です!
今後もビザの更新や永住ビザの申請など引き続きお願いしたいです!

行政書士といえば、四十代、五十代の
スーツ姿の男性のイメージが強かったのですが、
担当者は私と年齢が近く、話をしやすかったです。
家族滞在の申請は二ヶ月かかると友達から聞いていましたが、
私の申請は二週間で許可されました。
このスピード、すごいですね!

留学生の家族滞在申請で不安もありましたが、
私は大学卒業後、日本で自分の会社を立ち上げたいと考えています。
妻も、私と一緒にずっと日本で暮らしていくと思います。
妻のビザを更新する時に、また頼みたいです!

家族滞在ビザの取得・更新には、理由書の作成が重要になる場合があります。

ビザ申請にあたっては申請者ご自身の
状況に合わせた適切な理由書を作成することがポイントです。

中国語・英語での対応も可能ですので、
日本語が得意でないかたでも安心してご相談下さい。

理由書の作成のみのご依頼も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

日本で結婚し、留学ビザや就労ビザから家族滞在ビザへ変更する場合の流れ

家族滞在ビザ担当
お問い合わせ

家族滞在ビザ担当 家族滞在ビザ申請に関する相談は何度でも無料です。

中国語・英語での相談や、
ご予約頂ければ時間外・土日の相談も可能です。
まずはお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。
お問い合わせはこちら
家族滞在ビザ担当
ご相談、申込み

現在の状況を確認した上で、家族滞在申請方針をご説明いたします。
見積り金額やサービス内容にご納得頂いたうえで、ご依頼いただきます。
報酬の支払い時期や成功報酬については、担当者とご相談ください。
家族滞在ビザ担当
書類作成

家族滞在ビザ担当 家族滞在ビザ申請の必要書類は当社で収集・作成いたします。
また、中国語・韓国語・英語の書類の翻訳も
当社で行っています。

※別途、証明書等の取得費用(実費)と
翻訳料(1,000円/枚)がご申込者負担となります
家族滞在ビザ担当
入国管理局へ申請

お客様に代わって当社の行政書士が入国管理局へ家族滞在ビザ代行申請を行います。
お客様は入国管理局へ出向くことがなく申請ができます。
家族滞在ビザ担当
許可通知

家族滞在ビザ担当 審査の結果、問題が無ければ新しい在留カードの発行手続きのための通知が、 入国管理局から当社へ届きます。
また、万一不許可になった場合も、ご依頼者の要望に応じて、
再申請を行います。
家族滞在ビザ担当
新しい在留カードの発行手続き

新しい在留カードの発行手続きで必要な書類等をご依頼者に案内します。
(パスポート、在留カード、入国管理局に支払う手数料など)
書類が揃い次第、当社の行政書士がご依頼者に代わって、
入国管理局にて新しい在留カードの発行手続きを行います。
書類の受け渡しは郵送等でのやり取りが可能ですので、ご来社いただく必要はありません。
報酬の精算後、パスポート・在留カードをご依頼者にお返しいたします。

本国にいる妻・夫・子供を呼び寄せるため、家族滞在ビザ認定申請する場合の流れ

家族滞在ビザ担当
お問い合わせ

家族滞在ビザ担当 家族滞在ビザ申請に関する相談は何度でも無料です。

中国語・英語での相談や、
ご予約頂ければ時間外・土日の相談も可能です。
まずはお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。
お問い合わせはこちら
家族滞在ビザ担当
ご相談、申込み

現在の状況を確認した上で、家族滞在申請方針をご説明いたします。
見積り金額やサービス内容にご納得頂いたうえで、ご依頼いただきます。
報酬の支払い時期や成功報酬については、担当者とご相談ください。
家族滞在ビザ担当
書類作成

家族滞在ビザ担当 家族滞在ビザ申請の必要書類は当社で収集・作成いたします。
また、中国語・韓国語・英語の書類の翻訳も
当社で行っています。

※別途、証明書等の取得費用(実費)と
翻訳料(1,000円/枚)がご申込者負担となります
家族滞在ビザ担当
入国管理局へ申請

お客様に代わって当社の行政書士が入国管理局へ家族滞在ビザ代行申請を行います。
お客様は入国管理局へ出向くことがなく申請ができます。
家族滞在ビザ担当
認定証明書受け取り

家族滞在ビザ担当 審査の結果、問題が無ければ、
ビザ取得に必要な「在留資格認定証明書」が当社へ届きます。
報酬の精算後、この証明書をご依頼者にお渡しいたします。
また、万一不許可になった場合も、ご依頼者の要望に応じて、
再申請を行います。
家族滞在ビザ担当
本国送付とビザ申請

ご依頼者が認定証明書を本国へ送り、現地の日本領事館で 奥様、旦那様のビザを申請します。 そしてビザを受け取れば、晴れて日本入国となります。 認定証明書の有効期限は発行日から3ヶ月間となりますので、ご注意ください。

家族滞在ビザについてよくあるご質問

家族滞在ビザを持っている人は日本で仕事ができますか?
家族滞在資格者は日本で生活することは認められていますが、仕事をすることは原則として認められていません。
このため、仕事をする前に資格外活動許可を取る必要があります。
資格外活動許可では週28時間の勤務が認められますが、職種には制限がありますのでご注意ください。
家族滞在ビザで両親を日本に呼ぶことは出来ますか?

残念ながら、家族滞在ビザの資格対象は、
日本の在留資格を持っている方の配偶者または子のみです。
どうしても両親を日本に呼ぶ必要がある場合は、
特定活動ビザの申請か、 また、呼び寄せる方が高度人材として認められる事が必要です。
詳しくはこちらのページを参照ください。【両親と日本で暮らしたい時】

家族滞在ビザ申請を動画で解説

留学生が家族滞在ビザで本国から家族を呼び寄せる時のポイント
料理人(コック、シェフ)の家族滞在ビザポイントは?

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせください(相談無料、見積り無料)

お問い合わせいただいた方には、原則、当日または翌営業日にご返信しています。


2営業日以上連絡がない場合は、送信できていない場合があります。
お手数ですが、もう一度、当フォームよりお問い合わせください。

 

なお、お電話でのご相談も受け付けております。
お気軽にご相談ください!

  1. ※必須 Required
  2. ※必須 Required
  3. ※必須 Required
  4. ※必須 Required
  5. 連絡希望時間等、連絡事項があればごちらへ
    Reservation time / anything else to inform us
  6. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください。
 

家族滞在ビザTOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談