海外ビザ

シェンゲン・ビザ

シェンゲン・ビザとは

 シェンゲン・ビザを取得すると、下記のシェンゲン協定加盟国すべてに入国、滞在が可能です。
 

ドイツ、オーストリア、ベルギー、デンマーク、スペイン、エストニア、フィンランド、フランス、

ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、マルタ、ルクセンブルグ、

ノルウエー、オランダ、ポーランド、ポルトガル、チェコ、スロバキア、スロベニア、スウエーデン、

スイス

 こんなことで困っていませんか?

自分がシェンゲン・ビザを取得するべきか分からない

シェンゲン・ビザの申請方法が分からない

必要な書類が分からない

渡航まで時間がない

自分で申請したらビザが取れなかった 

英語が分からないので書類が作成できない

知識がないのでよく分からない

そんなときはお任せください!

ご依頼をお考えの方に手続き等に関する無料相談をしています。

お気軽にお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。

相談しようか悩んでいる方へ サポート行政書士法人なら3つの安心!

1.ご相談無料!
電話・来社問わず、相談は何度でも無料です。料金が発生する際は、事前に見積りを提示して了解を得た上で行いますので、ご安心ください。

2.時間を無駄にしない!

一人で悩むより実績豊富なスタッフが渡航日に間に合うようにサポートします。

3.中国語・韓国語・英語OK!

それぞれの言語に対応できるスタッフが在籍しますので、日本語が得意でない方もお任せください。

 

シェンゲン・ビザは必要?

日本国籍の方は90日以内の観光・商用目的の場合、
シェンゲン・ビザを取得する必要は基本的にありません。

シェンゲン・ビザは、申請者が観光、商用、家族訪問などの目的で渡航し、
その後は本国に戻る場合に発行されるものです。
この短期滞在ビザを初めて申請される場合は、原則として入国前に申請する必要があります。
ただし、渡航先で就労(賃金の有無を問わない)や
事業活動に従事することはできませんのでご注意ください。

 シェンゲン・ビザの申請場所は?

シェンゲン協定加盟国の1国のみを訪問する場合、その国の大使館か領事館で申請します。
加盟国を2ヵ国以上訪問する場合は、滞在期間が最長となる国の大使館か領事館に申請します。
加盟国の2ヵ国以上を訪問するがそれぞれの国の滞在予定日数が同じ場合は、
加盟国のうち最初に訪問する国の大使館か領事館に申請します。
シェンゲン・ビザを発給するかどうかは、訪問目的や帰国の意思などを含め、
個々のケースの審査に基づいて判断されます。  

 その他、質問やご相談があれば問い合わせフォームよりご連絡ください。

 シェンゲン・ビザ 取得サポートの流れ

ご相談→お申込み

・ご依頼をお考えのお客様に手続き等に関する無料相談をしています。
・まずはお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。
 
 

ヒアリングシート・必要書類のご案内

・当社からヒアリングシート・必要書類をメールにてご案内致します。
・ご準備いただけたら、ご送付ください。

書類作成、面接設定

・委任状・ヒアリングシート受領後、報酬振込みを確認し、面接の予約等をいたします。

お客様にて面接、ビザ取得

・業務が完了しましたら、アンケートにご協力いただけると幸いです。

 まずはお気軽に下記フォームよりお問い合わせください!!(相談無料、見積り無料)

  1. (必須項目)
  2. (必須項目)
  3. (必須項目)
  4. (必須項目)
  5. (必須項目)
  6. 相談希望オフィス
  7. (必須項目)
  8. 連絡希望時間等、連絡事項があればごちらへ
 

海外ビザTOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談