海外ビザ

海外ビザとは

海外ビザについて

日本人または日本在住の外国人が、日本以外の国(本国を除く)に渡航するとき、ビザが必要なケースがあります。

 ビザが必要か否か、また必要な場合の手続きの流れは、国籍、渡航先、渡航目的、渡航期間によって異なります。

 

一般的な傾向として、観光・商用目的の短期滞在は、比較的発行されやすいとされています。

しかし、就学・就労目的の長期滞在での申請の場合、

その受入れ保証(入学許可や雇用企業の招聘状等)などの要件が加重され、審査も厳しくなります。

ビザ申請は、住所を管轄する駐日大使館・領事館で手続きを行う必要があります。

居住地から離れていたり、お仕事でなかなかお時間が取れない方のために、ビザ取得の代行をさせて頂きます。 

なお、渡航先によっては、ビザ申請の代行ができない場合もあります。
また、各種申請の必要書類等の詳細については、関係大使館・領事館にお問い合わせください。

査証が発行されない場合

特定の国が特定の国に対して査証の発行を行わない、または条件を厳しく設定していることがあります。

 

軍事的・政治的敵国に対する場合
政治上の理由(情報統制など)による場合
宗教的な理由の場合
その国からの入国者の不法就労が多い等、違法行為が多い場合

 

【ご注意ください】

ビザは、国籍、査証の種類などの状況によって、申請書類の種類や取得までの期間が大きく異なります。

また、諸条件は予告なく変更されるため、当サイトの情報については、リアルタイムでの内容を保証するものではありません。

 

お客様の事由またはビザ申請受付国の事由により、ビザが発給されない場合、

その後の申請に対する制限を受けた場合、

ビザ発給後に出入国管理の審査により入国を拒否された場合など、いかなる不都合が生じても、 

当社は一切の責任を負いません。

 

また、査証相互免除国であっても、旅券(パスポート)の残存期間や

査証欄の空ページ数などによる入国の際の諸条項がある場合がございますのでご注意ください。

お問い合わせは下記フォームより

  1. (必須項目)
  2. (必須項目)
  3. (必須項目)
  4. (必須項目)
  5. (必須項目)
  6. 相談希望オフィス
  7. (必須項目)
  8. 連絡希望時間等、連絡事項があればごちらへ
 

海外ビザTOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談