海外ビザ

インドビザ

ビザTOP ビザ サポート行政書士法人行政書士,名古屋,東京,大阪,芳村宮澤  ビザ サポート行政書士法人行政書士,名古屋,東京,大阪,林王  ビザ サポート行政書士法人行政書士,名古屋,東京,大阪,文陳 

 
インドに観光で行くときに、日本人もビザが必要なの?
 
インドに仕事で行く時、ビザの手続きはどうすればいい?
 
忙しくて申請に行けないけど代行申請はできる?
 
インドビザのオンライン申請ってどうやって作ったらいい?
 

以上のようなお問い合わせを、無料相談でよくいただきます。

 

日本国籍の方も、インドに行く際には必ずビザを取得する必要があります。

当社のサポート内容

観光ビザ       観光・親族訪問目的でインドに行かれる方のビザです。

インドビザ,サポート行政書士法人

商用ビザ       商用目的でインドに行かれる方のビザです。

インドビザ,サポート行政書士法人

就労ビザ(就職ビザ) 就労目的でインドに行かれる方のビザです。

インドビザ,サポート行政書士法人

エントリービザ    インドに住んでいる方の配偶者やお子様のためのビザです。

商用(ビジネス)ビザ

インドへの入国目的が「商談」「視察」「研修」等の商用訪問で
入国する場合はビジネスビザを取得する必要があります。
 
日本に2年以上居住されている方が申請対象です。
 
ただしこのビザでは就労は出来ませんので、
現地から報酬を得る等、就労に該当する方は雇用ビザを申請する必要があります。

雇用ビザ

インドへの入国目的が「就労」「企業内転勤」等の場合は
雇用(エンプロイメント)ビザを取得する必要があります。
 
雇用会社から技能証明等、専門知識を有する証明を書いてもらう必要があります。
 
基本的には国籍のある国での申請となりますが、
日本で2年以上働いている外国籍の方も申請可能です。

エントリービザ

インドで働く方の配偶者や21歳までのお子様が滞在するためには
エントリービザを取得する必要があります。
 
雇用ビザを持つ方がインドで住民登録を完了させてから申請するのが一般的です。
 
登山家、または留学・研究・プロジェクトビサの保持者のお子様の入国もエントリービザに該当します。

申請要項

提出先

 

インドビザ申請センター
  

 

取得日数

 

日本人(東京管轄の場合)・・・4~5営業日

日本人(大阪管轄の場合)・・・3営業日前後
外国籍・・・8営業日~11営業日
 
上記はあくまで目安です。大使館の混雑状況により、インドビザ審査期間は変動します。
また、外国籍の方の場合、状況によってインドビザ発行に時間がかかることもあります。
インドへの渡航予定がある方は、余裕を持った申請をお勧めいたします。
 
 
申請手数料


日本国籍の方(有効期限最大6ヶ月)…2,135円

 
外国籍の方…国によって手数料が異なるためお問い合わせください。
当社報酬
観光 40,000円~
商用・雇用・エントリー 50,000円~
 
※複数人での同時申請の場合は、一人分の報酬が安くなります。
例)10人の同時申請の場合
1人目(50,000円)+2人目以降(20,000円×9名)=230,000円
 
 
※ 消費税別です。
※ 報酬額には申請書や日程表の作成費も含まれます。
※ 報酬には翻訳料は含まれておりません。
※ お客様のご状況に応じて、報酬の見積もりが変わる可能性がありますのでご了承ください。
※ 海外ビザに関しては、成功報酬ではなく、ビザの許可の可否にかかわらず報酬をお支払いいただきます。

 

必要書類

・パスポート(ビザ申請時に、6ヶ月の有効残存期間があること)

・証明写真(50mm×50mm 顔のサイズが約3cm以内になること)
・オンラインビザ申請書
・(インド渡航歴がある場合)直近の渡航印のページ、ビザのコピー
・申請手数料(国籍に応じて異なります)
 
※宗教関係者、大学教授、報道関係者が観光ビザを取得する場合は、
英文での誓約書が必要です。
※16歳未満の方の場合は、ご両親による英文誓約書が必要です。
 
<外国籍の方の場合(日本国籍に帰化された方を含む)>
・パスポートのコピー
・日本滞在ビザのコピー
・再入国許可書のコピー(必要な場合)
・外国人登録証のコピー(持っている場合)
・追加書類申請書
 
※その他、国籍に応じて追加書類があります。
<中国、台湾とナイジェリア国籍申請者>
・旅行日程表(英文訳付)
・預金残高証明書(英文訳付)
<アフガニスタン国籍者>
・アフガニスタン大使館発行オリジナルの 口上書
 
※上記以外にも取得するビザに応じた書類が必要となります。
 

インドビザ 取得サポートの流れ

ご相談→お申込み
 

・ご依頼をお考えの方に手続き等に関する無料相談をしています。
・まずはお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。

 

ヒアリングシート・必要書類のご案内

・当社からヒアリングシート・必要書類をメールにてご案内致します。
・ご準備いただけたら、ご送付ください。

取得代行

・報酬振込みを確認し、委任状・ヒアリングシート受領後、取得代行いたします。

ビザ取得

・業務が完了しましたら、アンケートにご協力いただけると幸いです。

よくあるご質問

インド滞在中に観光ビザを延長することは可能ですか?
延長することはできません。
取得できるビジネスビザの通常の有効期限はどれくらいですか?
日本国籍の方の場合、有効期限は1年で複数回入国可能です。
ビザ申請中に、出張や旅行のためパスポートが必要になった場合、パスポートの一時返却は可能ですか?
一度ビザ申請が開始されると、緊急時以外はパスポートの返却はできません。
申請から発給まで完全にパスポートを提出する事が出来る期間に申請をするよう、
事前に調整をお願いします。
FRO/FRRO (外国人登録事務所/外国人地方登録事務所)に登録する必要があるのはどんな人ですか?
継続して6ヶ月以上の滞在予定がある人は、到着後14日以内にFRO/FRROへ登録する必要があります。
この登録は、ビザ発行後の最初の訪問時にしなければなりません。
ただし、同じビザを使用して引き続き旅行する場合は登録の必要はありません。
また16歳以下の子供はこの要求から免除されます。
観光ビザを取得すればインド国内どこへでも行けますか?

有効なインドのビザを所有していても立ち入ることのできない地域もあります。

例えば、ナガランド、マニピュル、ミゾラムなどには観光ビザだけでは入ることができません。

これらの地域に行くには別途、制限/保護エリア許可証(RAP/PAP)が必要になります。

私たちにお任せください! ~担当スタッフからのメッセージ~

全国対応可能

名古屋、大阪でも書類の受取りが可能ですが、お電話は新宿オフィスにお願いします。

お問い合わせはこちらから

  1. (必須項目)
  2. (必須項目)
  3. (必須項目)
  4. (必須項目)
  5. (必須項目)
  6. 相談希望オフィス
  7. (必須項目)
  8. 連絡希望時間等、連絡事項があればごちらへ
 

海外ビザTOP

  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ
  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談