海外ビザ

アメリカ永住権抽選プログラム

アメリカ永住権抽選プログラムとは?

世界中からやってくるアメリカへの移民を、一定の国からではなく、いろいろな国からの移民を促進するために1991年にアメリカ抽選永住権(DV(DiversityVisa)プログラム)が施行されました。移民の出身国のバランスを整えるため、アメリカへの移民が少ない国の人々にビザが発給されています。
 
移民局の会計年度(毎年秋頃)に毎年5万人を募集しています。日本人もエントリーが可能で、当選数はアメリカ政府によって決められています。
 

 <対象外の国/エリア>

バングラディッシュ、ブラジル、カナダ、中国(本土生まれ)コロンビア、ドミニカ共和国、エルサルバドル、ハイチ、インド、ジャマイカ、メキシコ、ナイジェリア、パキスタン、ペルー、フィリピン、韓国、イギリス(北アイルランドを除く)とその領土、ベトナム
*香港、マカオ、台湾で出生した方は対象となります。

応募資格

 1.対象国の出身者であること。

日本、及び申請できる国で出生された方。(※国籍が韓国で、出生地が日本の場合も応募可)日本国籍でも出生地が日本でない場合、配偶者か両親のどちらかが日本で生まれていること。
 
2.DV プログラムの教育または職業経験資格を満たしていること。
・高校卒業あるいは同等の教育を修了していること。
または
・少なくとも 2 年間の研修か実務経験を必要とする職業(米国労働省の定める基準に準ずる)に過去 5 年以内に 2 年以上従事していること。
 
*当選するとアメリカ移民法に従い、申請資格はく奪事項があります。
 
>>詳しい応募条件については、サポート行政書士法人にお問い合わせください。

当社の特徴

ビザ申請の専門知識と経験を持つ担当者を中心にサポートされていただくので、確実に申請をされていただきます。

 

自分で申請を行うと手間がかかりますが、リーズナブルな価格で申請代行を行います。

 

東京・名古屋・大阪にオフィスを構え、全国対応可能です。

 

外国語(英語・中国語)対応可能です。

 

チーム一丸となって対応をするので、スピード対応が可能です。

応募の流れ

ドローン飛行許可申請担当
お申し込み


ドローン飛行許可申請担当 まずはお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちらから。

ドローン飛行許可申請担当
必要書類をご連絡をいたします。

 

当社より、申請に必要な書類などのご連絡をいたします。

ドローン飛行許可申請担当
必要事項の確認と申請用顔写真をお送りください。


ドローン飛行許可申請担当必要書類をご確認になり、当社へ書類・顔写真をお送りください。

ドローン飛行許可申請担当
必要書類の確認


お送りいただいた必要書類を元に、当社にてオンライン申請を行います。

*応募期間は2016年10月4日~2016年11月7日までです*

ドローン飛行許可申請担当
当選結果発表
 

当選結果をアメリカ国務省サイトでご確認ください。(2017年5月2日以後)

当選結果がわかりましたら、お問い合わせお願いします!

 

当社報酬

代行申請 5,000円
 
※ 消費税別です。
※ 当選後のご依頼については別途お見積りいたします。
※ 海外ビザに関しては、成功報酬ではなく、ビザの許可の可否にかかわらず報酬をお支払いいただきます。

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせはこちらから

  1. ※必須 Required
  2. ※必須 Required
  3. ※必須 Required
  4. ※必須 Required
  5. 連絡希望時間等、連絡事項があればごちらへ
    Reservation time / anything else to inform us
  6. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください。
 

海外ビザTOP

  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ
  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談