海外ビザ

中国ビザ

ビザTOP ビザ サポート行政書士法人行政書士,名古屋,東京,大阪,芳村宮澤  ビザ サポート行政書士法人行政書士,名古屋,東京,大阪,林王  ビザ サポート行政書士法人行政書士,名古屋,東京,大阪,文陳 

中国にある会社に就職が決まった。
 
中国のグループ会社に日本から従業員を出向させたい。
 
中国の取引先に長期間出張したい。
 
以上のような問い合わせを、無料相談でよくいただきます。
 

日本国籍の方も、15日以上の出張や就労目的で中国行く際には
必ずビザを取得する必要があります。

当社サポートの種類

商用訪問ビザ|会議や視察目的で中国に行かれる方のビザです。

駐在(就労)ビザ|就職や出向目的で中国に行かれる方のビザです。

商用訪問ビザ(F・Mビザ)

中国への入国目的が「商用訪問」や「視察」で
15日以上滞在する場合は、MビザまたはFビザを取得する必要があります。
 
1回の入国で30日まで滞在出来るシングルビザから
最大2年まで複数回入国可能なマルチビザもありますので
商談や監査の計画に合わせて最適なビザを申請することが出来ます。
 
ただしこのビザでは就労は出来ませんので、
現地から報酬を得る等、就労に該当する方は
駐在ビザ(Zビザ)を申請する必要があります。

駐在・就労ビザ(Zビザ)

中国への入国目的が「就労」の場合は
現地での外国人就業許可と査証発行許可を取得後に
日本で駐在・就労ビザ(Zビザ)を取得する必要があります。
 
ビザ取得には現地法人の協力が必須ですが、
取得方法や必要書類も併せてご案内可能ですので、
初めて就労ビザを取得する場合でも
気軽にお問い合わせください。
 
また入国後に必要なお手続きについても、
ビザのサポートと併せてご案内可能です!

申請要項

提出先


中国大使館

 

取得日数

 

通常申請4営業日/緊急申請2営業日

 

申請手数料

 

【商用訪問ビザ・日本国籍】
シングル(30日滞在)  3,000円
ダブル(30日滞在)   5,000円
半年マルチ(30日滞在) 6,000円
※その他、滞在可能日数に応じて変わります
 
【商用訪問ビザ・アメリカ以外の外国籍】
シングル(30日滞在)  4,000円
ダブル(30日滞在)   6,000円
半年マルチ(30日滞在) 8,000円
※その他、滞在可能日数に応じて変わります
 
【駐在ビザ】
日本国籍         3,000円
アメリカ以外の外国籍  4,000円
 
※緊急申請の場合は3,000円追加になります
当社報酬
観光 30,000円~
商用 30,000円~
就労 40,000円~
 
※複数人での同時申請の場合は、一人分の報酬が安くなります。
例)10人の同時申請の場合
1人目(50,000円)+2人目以降(20,000円×9名)=230,000円
 
※ 消費税別です。
※ 報酬額には申請書や日程表の作成費も含まれます。
※ 報酬には翻訳料は含まれておりません。
※ お客様のご状況に応じて、報酬の見積もりが変わる可能性がありますのでご了承ください。
※ 海外ビザに関しては、成功報酬ではなく、ビザの許可の可否にかかわらず報酬をお支払いいただきます。
必要書類

・申請書
・顔写真(縦4cm×横3cmまたは縦4.5cm×横4.5cm)
・パスポート
・招聘状(ビザの種類によって変更あり)
・外国人就業許可証(就労の場合)
 
※ビザの種類によって必要書類が追加されます。
※外国籍以外の方は、在留カード(外国人登録証)のコピーも必要です。

中国ビザ 取得サポートの流れ

小規模事業者持続化補助金1

ご相談→お申込み

・ご依頼をお考えの方に手続き等に関する無料相談をしています。
・まずはお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。
 

見積書・ヒアリングシートのご送付

・当社から見積書・ヒアリングシートをメールにて送付致します。
・ご記入・ご捺印の上ご返送下さい。

取得代行

・報酬振込みを確認し、委任状・ヒアリングシート受領後、当社スタッフが取得代行いたします。

ビザの発給

・取得したビザ(パスポート)をご依頼者に送付します。

全国対応可能

名古屋、大阪でも書類の受取りが可能ですが、お電話は新宿オフィスにお願いします。

お問い合わせはこちらから

  1. (必須項目)
  2. (必須項目)
  3. (必須項目)
  4. (必須項目)
  5. (必須項目)
  6. 相談希望オフィス
  7. (必須項目)
  8. 連絡希望時間等、連絡事項があればごちらへ
 

海外ビザTOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談