配偶者ビザ

Q&A

配偶者ビザに関してよくあるご質問

当社への依頼に関してよくあるご質問

配偶者ビザに関してよくあるご質問

  

配偶者ビザと家族滞在ビザの違いは何ですか?

「配偶者ビザ」は日本人の配偶者や日本人の子として出生した者、
または特別養子などに与えられる在留資格です。しかし「家族滞在ビザ」は「配偶者ビザ」とは全く別ものであり、 
日本に滞在する外国人の配偶者または子に認められるビザです。

  

  

配偶者ビザを持っていますが、どのぐらい働けますか?

配偶者ビザを持つ外国人は、就労時間・職種の制限はありません。

これに対して、家族滞在ビザを持つ方の場合、

日本で仕事をするためには、資格外活動許可を取る必要があります。

この資格外活動許可では週28時間の勤務が認められますが、

禁止されている職種もあります。

 

 

  

配偶者ビザの更新で注意することは何ですか?

更新審査では、生活の実態を調べられる場合があります。

この実態調査をクリアするためには、基本的に夫婦の同居が必要です。

更新申請は在留期限の3ヶ月前から可能です。

早めに更新申請しておきましょう。

 

 

  

「配偶者ビザの人は永住ビザや帰化への申請が他のビザより簡単」と聞きましたが、本当ですか?

永住・帰化の申請要件は、他のビザで在留している人に比べ、居住期間などで緩やかに条件設定がされています。

ただし、帰化の場合は日本語能力をテストされますので、勉強が必要な場合もあります。

 

帰化申請(当社専門サイトへ)

永住ビザ申請(当社専門サイトへ) 

 

 

 

  

日本人配偶者と離婚したらどうなりますか?

日本人配偶者と離婚や死別された場合でも、ただ、次回の更新は難しくなるため、

継続して日本に居住したい場合は永住ビザなど、他の在留資格への切り替えが必要です。 

 

  

審査には、どのくらい時間がかかりますか?

審査は申請順に行われ、通常1~3ヶ月かかります。

ただし追加書類の指示があれば、3ヶ月を越えることもあります。

 

 

 

  

一度申請で不許可になった場合、再び申請できますか?

申請は何度でもチャレンジすることができますので、あきらめずに再申請することをお勧めします。

過去に不許可になられたということですが、 法務局から不許可を通知された際に、その理由が記載されていると思います。

申請が許可されるためには、記載されている不許可理由を、しっかりとクリアすることが必要です。

 

 

当社への依頼に関してよくあるご質問

  

相談は無料と書いてありますが、本当ですか?
相談は何度でも無料で行なっています。
電話相談だけでなく、面談でも無料で相談できます。
料金が発生する際は、事前に見積りを出し、
ご依頼者の了解を得た上で行いますので、ご安心ください。
 
 

  

住民票等の証明書取得はどうなりますか?
ご依頼者本人しか取得できない証明書以外は、当社で取得可能です。
(当社で取得する場合、実費をいただきます)

中国語・韓国語・英語の書類の翻訳も当社にて行います。

※別途、翻訳料(1,000円/枚)が発生します。

 
 

  

  

オフィスに行けないところに住んでいるのですが、対応してくれますか?
まずはお電話かメールにてご相談ください。
必要に応じて、出張等で面談いたします。
 
 

  

平日仕事で行けない場合、対応してくれますか?
事前にご予約いただければ、夜間・土日の相談も可能です。 
ご依頼者の都合の良い時間にゆっくりとお越しいただけます。 
 
 

  

自分で入国管理局に行く必要がありますか?
その必要はありません。
当社には、申請取次行政書士が在籍していますので、
ご依頼いただければ、当社で申請まで代行いたします。

配偶者ビザTOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談