配偶者ビザ


■夫婦での同居期間が短くても、配偶者ビザの更新申請は許可されますか?
■配偶者ビザを申請したいけれど、昔オーバーステイの経歴があります。大丈夫?
■結婚相手を短期滞在ビザで日本に呼んで、その間に「日本人の配偶者等」の認定申請できますか?
■自分で行った配偶者ビザ申請が不許可に。再申請で配偶者ビザを取得できますか?



日本の配偶者ビザ申請を考えていらっしゃる方から、上記の相談をよく頂きます。
当社は、東京・名古屋・大阪にオフィスがあり、
経験と実績の豊富な『配偶者ビザ申請専門スタッフ』が、
お客様おひとりおひとりのご相談に対応しております。

ご自身では配偶者ビザの取得・更新・変更が難しい案件でも、一緒に解決方法を探し、サポート致します。
自分で入国管理局に配偶者ビザ申請を行って、不許可になった方の再申請もお任せください。
中国語・英語対応のスタッフもいるので、日本語では相談が難しい方でも安心です。
それぞれのご事情に合わせた準備を行うことで、後々のトラブルを回避し、
日本に在留しやすくなるための環境整備のアドバイスも行っております。

相談は何度でも無料ですので、まずはお気軽にご連絡下さい!


配偶者ビザ申請担当
私たちにおまかせください!



■配偶者ビザ申請を行って、「追加資料提出通知書」が入国管理局から届いた方 配偶者ビザ担当
追加資料の通知は、不許可になったわけではありません。
追加資料の提出は、スピードが命。
通知書が来た日から1~2週間以内に提出しないといけないケースが多いので、
できる限り早い対応が必要です。
追加資料提出のサポートも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。
詳しくはこちら【ビザ追加資料提出サポート】


■配偶者ビザ申請を行って、不許可になった方・再申請を行いたい方 配偶者査証ザ担当
不許可通知が届いたからといって、
ビザ取得を諦める必要はありません。
何故不許可なのか、その理由を確認・改善して再申請すれば、
許可になる可能性はあります。
当社では、入国管理局への不許可理由確認同行、再申請サポートを行っています。
詳しくはこちら【ビザ不許可理由確認・再申請】

サポート行政書士法人 配偶者ビザ申請実績(一部)

サポート行政書士法人では、下記のような様々なケースで
配偶者ビザ申請のサポート実績があります。



◆オーバーステイ歴のある中国人女性が日本人男性と結婚し、
 改めて来日したいケース。

◆日本人男性が、3回目の国際結婚でフィリピン人の妻を
 日本に呼び寄せたいケース。妻との交際過程の説明が必要。

◆海外駐在の日本人男性の中国人妻の配偶者ビザ更新申請。
 妻が日本で暮らす必要性・扶養実績などの説明が必要。

◆日本人と結婚した中国人妻の更新申請。
 3回更新ですべて1年の期間だが、3年間の在留期間がほしいケース。

◆前夫と離婚後、6ヶ月後に日本人男性と再婚した中国人妻の配偶者ビザ更新。
 結婚の実態と生計能力の説明が必要。

◆留学で来日し、日本人の夫と結婚した中国人妻の配偶者ビザへの変更申請。

◆中国人前妻とスピード結婚・離婚した日本人男性が、
 スピード再婚した中国人妻の在留資格変更申請。

◆結婚相談所の仲介で日本人夫と結婚した中国人妻の配偶者ビザ申請。

◆日本人夫が、前妻と離婚する前に中国で現妻と知り合い、
 交際を経て再婚したケースの配偶者ビザ認定申請。不倫でないことの説明が必要。

◆中国人妻にオーバーステイの経歴があり、認定申請不許可になったケースの再申請。

配偶者ビザ申請をご依頼いただいたお客様の声


私は留学生として来日し、妻と出会いました。
その後、子供が誕生したことをきっかけに
配偶者ビザの取得を考え始めました。
しかし一度目の申請は上手くいかず、不許可の結果が出ました。
落ち込む私に、家族がサポート行政書士法人を勧めてくれました。
「再申請して、また不許可が出たらどうしよう。」これは、私が一番心配していたことでした。
申請後も、「追加書類をお願いします」「確認したいことがある」など、
前回のように、入管からの質問が来るかもしれないと不安な日々を過ごしていました。

しかし、今回はこのような質問もなく、すぐ許可が下りました!
林さん、完璧です。しっかり仕事をしてくれ、笑顔も素敵で、
いつも元気に接してくれて。本当にありがとうございます。

これから、愛する家族を守るために、私は全力で頑張っていきたいと思っています。

周りに、ビザなどの悩みを抱えている友達は大勢います。
彼らにぜひサポート行政書士法人を紹介したいです。

来日した時に、私が持っていたのは親族訪問という短期ビザでした。
これからも、妻と一緒に日本で暮らしたいと思い、
配偶者ビザに変更しようと考えました。
数多くの行政書士事務所の中から、サポート行政書士法人を選んだ理由は三つ。
価格が透明であること。報酬制で、安心できること。
最後は、複数の行政書士の方が在籍しており、いろいろ信頼できること。

都心にある新宿オフィスで、宮澤さんはビザが許可するまで、
親身に相談に乗っていただきました。
メールと電話でしっかりコミュニケーションを取ってくださり、
不安なく進められて本当に助かりました。

今回ビザが無事に許可され、新年度と同時に妻との新生活を始めることができました。
幸せです。宮澤さん、ありがとうございました!

配偶者ビザの取得・更新には、理由書の作成が重要になる場合があります。

ビザ申請にあたっては申請者ご自身の状況に合わせた適切な理由書を作成することがポイントです。
中国語・英語での対応も可能ですので、日本語が得意でない方でも安心してご相談下さい。
理由書の作成のみのご依頼も承っております。

配偶者ビザ理由書 サポート行政書士法人

海外から配偶者を呼び寄せるときの理由書

配偶者ビザ理由書 サポート行政書士法人

配偶者ビザの更新時の理由書

マンガで分かる配偶者ビザ

日本で日本人・永住者と結婚して、配偶者ビザへ変更する場合の流れ

配偶者ビザ担当
お問い合わせ

配偶者ビザ担当 配偶者ビザ申請に関する相談は何度でも無料です。

中国語・英語での相談や、
ご予約頂ければ時間外・土日の相談も可能です。
まずはお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。
お問い合わせはこちら
配偶者ビザ担当
ご相談、申込み

現在の状況を確認した上で、配偶者申請方針をご説明いたします。
報酬の支払い時期や成功報酬については、担当者とご相談ください。
見積り金額やサービス内容にご納得頂いたうえで、ご依頼いただきます。
配偶者ビザ担当
書類作成

配偶者ビザ担当 配偶者ビザ申請の必要書類は当社で収集・作成いたします。
また、中国語・韓国語・英語の書類の翻訳も
当社で行っています。

※別途、証明書等の取得費用(実費)と
翻訳料(1,000円/枚)がご申込者負担となります
配偶者ビザ担当
入国管理局へ申請

お客様に代わって当社の行政書士が入国管理局へ配偶者ビザ代行申請を行います。
お客様は入国管理局へ出向くことがなく申請ができます。
配偶者ビザ担当
許可通知

配偶者ビザ担当 審査の結果、問題が無ければ新しい在留カードの発行手続きのための通知が、 入国管理局から当社へ届きます。
また、万一不許可になった場合も、ご依頼者の要望に応じて、
再申請を行います。
配偶者ビザ担当
新しい在留カードの発行手続き

新しい在留カードの発行手続きで必要な書類等をご依頼者に案内します。
(パスポート、在留カード、入国管理局に支払う手数料など)
書類が揃い次第、当社の行政書士がご依頼者に代わって、
入国管理局にて新しい在留カードの発行手続きを行います。
書類の受け渡しは郵送等でのやり取りが可能ですので、ご来社いただく必要はありません。
報酬の精算後、パスポート・在留カードをご依頼者にお返しいたします。

外国から配偶者を日本に呼び寄せる場合の流れ

配偶者ビザ担当
お問い合わせ

配偶者ビザ担当 配偶者ビザ申請に関する相談は何度でも無料です。

中国語・英語での相談や、
ご予約頂ければ時間外・土日の相談も可能です。
まずはお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。
お問い合わせはこちら
配偶者ビザ担当
ご相談、申込み

現在の状況を確認した上で、配偶者ビザの申請方針をご説明いたします。
報酬の支払い時期や成功報酬については、担当者とご相談ください。
見積り金額やサービス内容にご納得頂いたうえで、ご依頼いただきます。
配偶者ビザ担当
書類作成

配偶者ビザ担当 配偶者ビザ申請の必要書類は当社で収集・作成いたします。
また、中国語・韓国語・英語の書類の翻訳も
当社で行っています。

※別途、証明書等の取得費用(実費)と
翻訳料(1,000円/枚)がご申込者負担となります
配偶者ビザ担当
入国管理局へ申請

お客様に代わって当社の行政書士が入国管理局へ配偶者ビザ代行申請を行います。
お客様は入国管理局へ出向くことがなく申請ができます。
配偶者ビザ担当
認定証明書受け取り

配偶者ビザ担当 審査の結果、問題が無ければ、
ビザ取得に必要な「在留資格認定証明書」が当社へ届きます。
報酬の精算後、この証明書をご依頼者にお渡しいたします。
また、万一不許可になった場合も、ご依頼者の要望に応じて、
再申請を行います。
配偶者ビザ担当
本国送付とビザ申請

ご依頼者が認定証明書を本国へ送り、現地の日本領事館で 奥様、旦那様のビザを申請します。 そしてビザを受け取れば、晴れて日本入国となります。 認定証明書の有効期限は発行日から3ヶ月間となりますので、ご注意ください。

よくあるご質問

配偶者ビザを持っていますが、どのぐらい働けますか?
配偶者ビザを持つ外国人は、就労時間・職種の制限はありません。
これに対して、家族滞在ビザを持つ方の場合、
日本で仕事をするためには、資格外活動許可を取る必要があります。
この資格外活動許可では週28時間の勤務が認められますが、
禁止されている職種もあります。
配偶者ビザの更新で注意することは何ですか?
更新審査では、生活の実態を調べられる場合があります。
この実態調査をクリアするためには、基本的に夫婦の同居が必要です。
更新申請は在留期限の3ヶ月前から可能です。
早めに更新申請しておきましょう。
自分で入国管理局に行く必要がありますか?
その必要はありません。
当社には、申請取次行政書士が在籍していますので、
ご依頼いただければ、当社で申請まで代行いたします。

配偶者ビザ申請を動画で解説

日本人と結婚すれば配偶者ビザを絶対に取れますか?

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせください(相談無料、見積り無料)

お問い合わせいただいた方には、原則、当日または翌営業日にご返信しています。


2営業日以上連絡がない場合は、送信できていない場合があります。
お手数ですが、もう一度、当フォームよりお問い合わせください。

 

なお、お電話でのご相談も受け付けております。
お気軽にご相談ください!

  1. ※必須 Required
  2. ※必須 Required
  3. ※必須 Required
  4. ※必須 Required
  5. 連絡希望時間等、連絡事項があればごちらへ
    Reservation time / anything else to inform us
  6. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください。
 

配偶者ビザTOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談