芸術ビザ

芸術ビザとは

芸術ビザとは、日本において収入を伴う音楽、美術、文学その他の芸術の活動をするための就労ビザです。

 

例えば作曲家、作詞家、画家などの芸術家が創作活動を行うためのビザをいいます。

絵画や演劇、ダンスなどを日本で指導する場合も芸術ビザに該当します。

 

申請人の芸術活動が、客観的に芸術家と称するに相応しい程度に評価されており、本邦の公私の機関との契約により、又は本邦において独立して、その芸術活動から得られる収入だけで十分な生計を継続して維持できると認められた場合に在留資格が許可されます。

芸術の定義

収入を伴う音楽、美術、文学その他の芸術の活動をいいます。(興行に係わる活動は除く)

 

例えば、楽器の演奏に関する指導、バレエ・演劇の演技指導、各種ダンスの指導や映画監督・助監督などの芸術家を養成する指導者として収入を得る活動は、この芸術に該当します。

 

また、彫刻・工芸・著述(シナリオライターなど)・作詞作曲・書家・画家として、日本で創作活動を行い、それにより収入を得る活動も芸術に該当します。

芸術ビザを取得する際に気を付けることは?

芸術ビザを取得するためには、該当要件を満たしているということを書類だけで十分に立証することが求められます。

 

芸術ビザは5年、3年、1年又は3ヶ月のビザを取得することが可能となっていますが、長期のビザを取得する難易度は高くなっています。長期のビザ取得に関しては、明確なスケジュール表が必要となるなど、提出していただく書類が異なってきます。

 

個人の判断で提出した書類では長期のビザが認められず、短期のビザとなってしまうケースもありますので、長期のビザをご希望の方は、その旨もお伝えください。

長期ビザの取得に関しましても、プロのノウハウを最大限に生かして全力でサポートいたします

芸術ビザTOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談