補助金申請

ZEH補助金についてよくあるご質問

書類の送付が必着期限に間に合わない場合、自動的に次回の公募へ繰り越されますか?

次回の公募へ自動的に繰り越されることはありませんので、新たに申請していただく必要があります。

事業の着手について制限はありますか?

交付決定通知書を受領し、交付決定番号を得た後に事業に着手することが必要です。

各公募における事業期日内に工事完了できない住宅は申請できないのでしょうか?

事業計画上(補助対象となる住宅の工程など)のやむを得ない理由から、
事業完了期日内に事業完了できない事が見込まれる事業を申請する場合は、
交付申請時に遅延の理由を示す理由書(自由書式)を添付する必要があります。

「主たる居室」のエアコンを、申請者が量販店で購入する予定ですが、機種が決まっていません。どのようにエネルギー計算・申請を行えばいいですか?

「主たる居室」には、エアコンのエネルギー消費効率の区分(い)を
満たす機種を導入することが要件となります。申請時、
実施計画書にはエアコンのエネルギー消費効率の区分(い)を
満たす機器を仮に選定して導入するものとして記入することは可能です。
その場合、必ずエアコンのエネルギー消費効率の区分(い)を満たす機器を導入してください。

交付申請時に提出したプラン(機器・間取り等)が変更になる場合、どうしたらよいですか?

申請した内容についての変更は原則認められません。

鉛蓄電池は補助対象になりますか?

申請が可能な蓄電システムは、平成27年補正予算 住宅省エネリノベーション
促進事業補助金の補助対象製品一覧のうち、再生可能エネルギー蓄電モードが
「有」として登録されているリチウムイオン蓄電システムのみとなります。
(鉛蓄電池は補助対象になりません。)