エコ系の補助金

省エネ住宅ポイント制度申請代行

省エネ住宅ポイント制度担当 省エネ住宅ポイント制度とは、省エネ性能を満たすエコ住宅の新築や購入、
エコリフォームを行った場合にポイントが発行される制度です。
エコポイント制度とも呼ばれ、発行された上限30万のエコポイントは、
エコ商品や商品券などと交換することが出来ます。

近年注目が集まっているエコ住宅。
この制度を利用して工事を進めたいと考えている人も多いですが、
制度や申請の複雑さから、下記のようなご相談をいただいています。

(個人のお客様)
■申請書類の書き方がわからないので、教えてほしい。作成を依頼したい。
■施工会社とやりとりして必要書類を集めるのが大変…
■普段は仕事で書類準備の時間がない。ポイントは先着順なので、作成や申請を頼みたい

(ハウスメーカー様、施工店様)
■多くのお客様から省エネ住宅ポイント制度について問合せがあり、通常業務に支障が出ている
■エコポイント申請のために社内部署を検討しているが、実績がないので不安
■先着順で、早めに予算が無くなる可能性もあるので、スムーズな申請フローを構築したい
■営業担当にて省エネ住宅ポイント制度申請を行う予定だが、業務量が増えるため不安
■申請業務は外注して、住宅販売の受注に専念したい
■申請条件を満たしているかわからないのでお客様への案内をためらってしまう

当社では、数々の補助金申請を代行してきた実績を活かして、
省エネ住宅ポイント制度概要を説明するセミナー開催、
省エネ住宅ポイント制度の申請代行を通してエコ住宅の取得を支援いたします。

また、グループ会社が省エネ住宅ポイント制度の申請窓口として登録されているため、
書類作成から申請後のアフターフォーローまで一括して承ります。
東京・大阪に専門チームがございますので、全国の案件に対応可能です。
※申請にあたっては、メール・電話・郵送等でやりとりをいたしますので、ご来社は不要です。

省エネ住宅ポイント制度担当
省エネ住宅ポイント制度担当(東京・大阪)です。私たちにお任せください!

企業様の場合は、御社の現状に合わせて、サービス内容を提案いたしますので、
お気軽にお問い合わせください。
※企業様向け 省エネ住宅ポイントの申請取りまとめ窓口サービスのご案内はこちら

書類作成代行サービス内容

申請書類の記入から施工業者とのやり取りまで代行いたします。
工事証明書やその他性能証明書等の取得に際しては、当社から直接施工業者に連絡いたします。
当社にて作成した書類を郵送にて送付いたしますので、
お客様は、署名・記入等を頂くだけで申請作業が完了します。

やりとりは郵送・メールで行いますので、ご来社頂く必要はありません。

省エネ住宅ポイントの申請代行報酬

10,000円(税別)~

※各種添付書類は施工業者の協力が必要なため、
施工業者のご協力が十分に得られない場合、申請できないことがございます。

省エネ住宅ポイントについて動画で解説

省エネ住宅ポイントとは?申請する時の注意点
省エネ住宅ポイントでよくある相談とその解決策

省エネ住宅ポイント制度についてよくあるご質問

ポイント即時交換について

最初の契約で、即時交換可能な給湯器等を契約していた場合、即時交換できますか?
できません。
その場合、単なる値引きと見なされるので、
クレードアップや追加の契約をした分についてのみ、即時交換が可能になります。
例えば、即時交換でカーテンを付けた場合に、そのお金を即時交換できますか?
即時交換は、「追加工事」が伴っていることが条件です。
カーテンの購入のみでは使用できませんが、カーテンレールの取り付け等の
工事が伴って購入した場合には、その全体(カーテン代+工事代)が対象になります。
即時交換でポイント対象の工事(窓の断熱改修等)を行った場合、ポイントも追加加算できますか?
できません。
即時交換は、もらったポイントを使う工事なので、その工事で対象機器を取り付けしても、
ポイントの対象にはなりません。

その他について

新築の共同住宅のオーナーの場合は申請可能ですか?
その住宅が申請対象となる要件を満たしており、
オーナー本人も一室に住む予定であれば可能です。
2階建の2階の外壁のみ断熱&耐震改修をする場合、対象になりますか?
部分的であっても、使用量や要件を満たせば申請可能です。
工事完了後でなければ、申請できませんか?
工事完了前であっても、請負契約が締結されていれば発行申請が可能です。
発行申請は先着順に受け付けれられ、
予算の執行状況により早めに期限が設定される場合があるので、
契約締結後早めに申請することをお勧めします。
すまい給付金と省エネ住宅ポイント制度の併用はできますか
それぞれの条件を満たす場合、可能です。

全国対応可能です

お問い合わせはこちらから

  1. ※必須 Required
  2. ※必須 Required
  3. ※必須 Required
  4. ※必須 Required
  5. 連絡希望時間等、連絡事項があればごちらへ
    Reservation time / anything else to inform us
  6. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください。
  7. 【注意】送信ボタンは複数回押さないようにご注意ください