建築確認申請

建築確認申請書類が必要となる許認可手続

例えば、次のような許認可において、建築確認手続きが必要です。

旅館業法に基づく宿泊施設の営業許可

旅館業法に基づく宿泊施設の営業許可の申請では、建築基準法で、
対象物件の建物用途が 「ホテル・旅館」といった宿泊施設の用途になっている必要があります。

増改築を行う場合も建築確認手続が必要になりますし、
異なる用途の既存物件を利用する場合は、 用途変更手続きが必要となります。
申請書類としても、建築の際の建築確認済証と検査済証が必要になります。

▶旅館業許可について、詳しくはこちら

倉庫業登録

倉庫業登録にあたっては、登録する倉庫について、
建築基準法上の主要用途が『倉庫業を営む 倉庫』(コード番号:08510)である必要があります。

それ以外の用途の物件の場合は、用途変更が必要となり、
倉庫業を営む倉庫としての施設設備 基準を満たす必要があります。

▶倉庫業登録について、詳しくはこちら

建築確認申請~許認可申請を一括サポート

サポート行政書士法人では、東京、名古屋、大阪を拠点に、全国の建築確認申請をサポートしています。

建築確認申請は、建築する建物の管轄の自治体又は指定確認検査機関ごとの
申請が必要となり、手続きが煩雑です。

当社は、煩雑な建築確認申請手続き代行のアウトソーシング先として、
企業様にそれ以外の業務に注力して頂く環境整備をお手伝いしています。


また、旅館業許可や倉庫業登録など、建築確認申請が必要な許認可の手続きも一括サポート。
円滑な事業スタートをお手伝いします。
行政書士だからこそできる仕事があります。
貴社の建築確認申請業務のパートナーとして、ぜひサポート行政書士法人をご活用ください。


建築確認申請担当
私たちにおまかせください!

 

問い合わせはこちらから

  1. 相談希望オフィス
  2. #送信ボタンは、1回だけクリックしてください#