事業者向け補助金

サービス付高齢者向け住宅 登録申請

配偶者ビザ申請担当

サービス付高齢者向け住宅は、居住者の安否確認と生活相談サービスを基本に、
それぞれの施設が独自サービスを提供できる賃貸型の住宅です。
改正高齢者住まい法が公布されたことに伴い、
新たに「サービス付高齢者向け住宅」の創設が国会にて成立し、2011年10月に施工されました。

国土交通省は、今後10年間で60万戸を目標に整備する方針を示しています。
また、この事業を行おうとする場合、国等の補助金を受けられるほか、税制の優遇措置もあります。
サービス付高齢者向け住宅は、個人、法人(株式会社、社会福祉法人、NPO法人、医療法人等)を
問わず登録することができます。

サポート行政書士法人は、サービス付き高齢者向け住宅の登録から補助金申請までサポートしています。

配偶者ビザ申請担当
私たちにおまかせください!

サービス付高齢者向け住宅の登録要件

規模・設備

・各専用部分の床面積は、原則25㎡以上
・各専用部分に台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を備えたものであること
・バリアフリー構造であること

サービス要件

安否確認サービスと生活相談サービスが必須のサービスです。
ケアの専門家が少なくとも日中建物に常駐し、これらのサービスを提供します。

契約関係の要件

・書面による契約であること
・居住部分が明示された契約であること
・権利金その他の金銭を受領しない契約であること
・入居者の入院または心身の状況の変化を理由として、
入居者の同意を得ずに居住部分の変更や契約解除を行わないこと
・サービス付高齢者向け住宅の工事完了前に、前払金を受領しないこと

サービス付高齢者向け住宅登録の流れ

1.事前協議
各自治体により、独自の基準を設けているところがあります。図面等を持参して事前協議しましょう。
自治体によりましては、事前協議が義務付けられているところもあります。

2.登録申請書の作成
オンラインにて、IDとパスワードを登録し、ネットを通じて申請書を作成します。

3.申請書提出
上記で作成した申請書の他、各添付書類を付して窓口で申請します。

4.審査

各機関にて審査され、必要に応じて補正等がございます。審査に通過すれば登録となります。

5.登録・公開許可

申請から登録完了まで、概ね1ヶ月程度です。

登録基準

各都道府県にて独自の基準を設けている場合があります。

登録手数料

各都道府県にて手数料の金額が異なります。 戸数に応じて算出する場合や、サービス内容によって算出するケースもあります。

弊社報酬

住宅の規模やサポート内容に応じてご相談させていただきます。

サポートの流れ

サービス付き高齢者向け住宅担当
お問い合わせ

サービス付き高齢者向け住宅担当 相談は何度でも無料です。
まずはお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。
一度オフィスにご来社いただき、現在の状況を確認した上で、申請方針をご説明いたします。
営業時間外でも事前にご予約いただければ、夜間や土日の相談も可能です。
お問い合わせはこちら
サービス付き高齢者向け住宅担当
ご相談、申込み

面談では現在のご依頼者の状況やご希望の点などを詳しくお聞きし、
適正な価格で見積りを提示いたします。
見積り金額やサービス内容にご納得いただいたうえで、ご依頼いただきます。
サービス付き高齢者向け住宅担当
打ち合わせ・書類作成

サービス付き高齢者向け住宅申請の必要書類は当社で作成いたします。
サービス付き高齢者向け住宅担当
申請

全国のサービス付き高齢者向け住宅登録申請をサポートします

サポート行政書士法人

問い合わせはこちらから

  1. ※必須 Required
  2. ※必須 Required
  3. ※必須 Required
  4. ※必須 Required
  5. 連絡希望時間等、連絡事項があればごちらへ
    Reservation time / anything else to inform us
  6. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください。
 

事業者向け補助金TOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談