アポスティーユ

【中国】領事認証手続き

中国はハーグ条約に加盟していないため、外務省または公証役場で認証を受けた書類に、
さらに領事認証を受ける必要があります。

通常、申請の受付は駐日大使館で行われます。

しかし、中国の場合はビザセンターでの申請となります。
※東京・名古屋・大阪領事館の管轄エリアのみ。

弊社では、外務省または公証役場での手続き、ビザセンターでの領事認証の手続きをトータルサポートしております。

中国での就労手続きや法人手続き関係で、日本の書類に領事認証が求められるケースは数多くあります。

公証役場やビザセンターに行く時間の取れない方、スムーズに手続きを済ませたい方は
ぜひ弊社にお任せ下さい。
 
弊社では、個人の方も法人の方からも、数多くご依頼いただき中国のビザセンターへの認証申請を
行っております。
  
弊社は東名阪に支店がありますので、全国に拠点を持つ法人の方は、
各地のビザセンターでの申請を一括してご依頼いただくことも可能です。

ぜひ一度ご相談ください。

ビザセンター所在地

・東京:港区虎ノ門
・名古屋:名古屋市中区
・大阪:大阪市中央区

よく認証の依頼を受ける書類例

・卒業証明書
・国家資格の資格証の写し
・法人の登記事項証明書 
・戸籍謄本、住民票 等

サポート内容

 

アポスティーユ(私文書)領事認証申請代行    40,000円~
公印確認(公文書)+領事認証申請代行       30,000円~
 
※ 消費税別です。
※ 日本国内への発送の場合は、送料込みです。
※ 海外への書類発送の場合は、送料が別途発生します。(EMS)
※ 上記の料金のほか、公証役場や領事館での認証手数料が発生します。
※ 書類の翻訳が必要な場合は、別途翻訳費用がかかります。
 

私たちにお任せください!~担当者紹介~

新宿本社・秋葉原支店:須藤

名古屋支店:見取

大阪支店:荻原

お問い合わせはこちらから

  1. 相談希望オフィス
  2. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください