APECビジネストラベルカード

サポート行政書士法人スタッフ

ABTCとは

APEC域内を頻繁に出張するビジネス関係者の移動を円滑にするために、制度参加国・地域の政府が自国・地域のビジネス関係者に発行する特別なカードです。

 

通常、日本人が外国に行く場合、その外国に入国するための査証(ビザ)が必要です。短期間の出張や観光であれば、ビザが免除されている例もありますが、APEC域内には、まだビザが必要な場合が多い状況ですので、大変便利な制度となります。

具体的なメリット

①    ABTCの有効期間内(通常5年間。ただし、旅券の有効期限満了又は旅券更新により、ABTCも失効する)であれば何回でも、ABTCの裏面に記載されたABTC制度参加国・地域において、旅券及びABTCのみ(つまり査証なし)で入国審査を受けることができます。

 

②    入国審査の際にABTC制度参加国・地域が主要な国際空港に設置したABTC専用レーン(入国審査ブース)を利用することができ、円滑な審査が受けられます。

参加対象国

<参加対象国19ヶ国>

オーストラリア、ブルネイ、チリ、中国、中国香港、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、パプアニューギニア、ペルー、フィリピン、ロシア、シンガポール、チャイニーズ・タイペイ、タイ及びベトナム

認められる活動内容

短期間行われる収入又は報酬を伴わない活動であって、商談、業務連絡、市場調査、投資のための契約締結、納品後の報酬を伴わないアフターサービス等に限定されています。 そのため、観光などでの使用は想定されておりません。また収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動は処罰対象となりますので、十分お気を付けください。

申請要件

(1)有効な日本国旅券を所持していること。
(2)申請書その他の提出書類に虚偽の記載がないこと。
(3)犯罪歴がないこと
(4)下記のいずれかの要件に該当していること
(※ただし、スポーツ選手、報道特派員、芸能人、音楽家、芸術家等の職業に当たる方には対象外となります。)

(ア)APECビジネス諮問委員会(ABAC)の日本委員、日本委員代理又は日本委員を補佐する業務に従事する方

 

(イ)貿易・投資実績がある企業等の経営者又は雇用されている方で、貿易等に関する事業を行うことを目的として参加国・地域への渡航が必要であると認められる方

 

(ウ)ABAC日本支援協議会の構成団体(日本経済団体連合会、日本商工会議所(日本商工会議所の会員である商工会議所を含む)、経済同友会及び関西経済連合会)の職員、その団体の会員である機関の経営者又は当該機関に雇用されている方で、貿易等に関する事業を行うことを目的として参加国・地域への渡航が必要であると認められる方

 

(エ)貿易等に関する事業を行う機関の経営者又は当該機関に雇用された方で、貿易等に関する事業のうち特に災害復興に資すると認められるものを行うことを目的として参加国・地域に渡航し、かつ、今後同様に渡航することが必要であると認められる方

有効期間

5年

申請先 (※郵送申請)

外務省経済局アジア太平洋経済協力室
「APEC・ビジネス・トラベル・カード」ABTC班

中途発行

ABTCは、全ての参加国・地域から承認がそろってからの発行を原則としておりますが、一部の国・地域からの承認さえあればよいという方には、全参加国・地域からの審査結果を待たずに、ご希望の国・地域のみが裏面に記載されたABTCを中途発行することができます。

渡航先追加

ABTCの交付を受けた方が、交付後に新たに承認を受けた参加国・地域を渡航先に追加する場合は、渡航先追加申請を行っていただくことになります。なお、渡航先を追加したABTCの有効期限は、中途発行した際のABTCの有効期限を引き継ぎます。

6,800円分の収入印紙が必要になります。

「中途発行」「渡航先追加」共、毎月15日に発行依頼をすれば、原則当該月末から翌月上旬を目途に発行されるようです。

 

サポート内容

弊社報酬:37,000円(税別) ※別途収入印紙代13,100円がかかります。

弊社で申請から受領まで代行で行います。

ご依頼の流れ

 

ご相談

 

お見積書・お申込書発行

お申込書受領

必要書類等のご案内
必要情報ヒアリングシートのご案内
ご請求書発行

各資料・情報受領

弊社で申請書等作成

内容のご確認及びご署名

弊社にて郵送申請  

    ↓

(事前審査状況の確認)

 

全エコノミーの事前審査(承認)  
ABTC発行/交付
 

※ご希望される場合は中途発行手続きも対応いたします。

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせください(相談無料、見積り無料)