採用情報・Q&A

【育児との両立はどうですか?】劉 歓インタビュー

小さい娘さんをお持ちの劉歓さんにインタビューしました。
実際に産休・育休を体験した社員の声をご覧ください。

Q:どんな業務を行っていますか?
A:主にビザを中心として業務を行っています。
帰化と会社設立もやっています。

Q:業務をしていてよかったと思うことはなんですか?
A:この仕事を通して、許可が下りるかどうか別として、 
お客さんとやり取りをしている中で、良いサービスを提供することで、 
SGの良い評判が広げていくことができるし、 
自分が会社に対して、お客さんに対しての存在感、貢献感を大きく感じています。 
そのことで、リピートや紹介が増えてきたことは、本当に良かったと思っています。

Q:逆に苦しいこと大変なことはなんですか?

A:全然感じていないですね。

Q:育児との両立はいつ頃からどのように始まったのですか?

A:代表の鈴木さんと相談しながら、私のペースに合わせていただきました。 
2015年5月から仕事復帰をしました。
最初は週2日、1日4時間の勤務から、 
徐々に週4日、1日6時間にしていきました。 
その時は、義理のお母さんに娘の面倒を見てもらっていました。 
2015年7月に娘が10か月の時に保育園に入って、週5日、1日6時間の勤務に変更しました。
2016年1月から本格的にフルで働くことができました。

Q:お子さんの成長に合わせて業務体系はどのように変わっていますか?
A:最初、保育園に行ったばかりの時は、娘がよく体調不良になっていたので、 
業務は面談と受任だけ行っていました。実務はほとんどしていませんでした。 
今年から、娘がだいぶ保育園に慣れてきたので、実務を担当するようになってきました。

Q:業務調整ができたことでよかったこと、嬉しかったことはなんですか?
A:短時間勤務の時に、やはり、娘のことをすぐに対応できたことは良かったです。 
新規面談と受任だけでも、受任の数字に貢献できたことは嬉しかったです。 
今年から、8時間の勤務になり、仕事の面でも活躍できるようになったのは嬉しいです。 
業務調整ができて、仕事により気分転換もできたので、ストレスもなく、
育児と両立できているのは良いですね。

Q:今後育児と両立していくにあたって要望などはありますか?
A:育児と仕事の両立ができる職場は、当社しかないですね。 
だから、全然要望がないです。 逆に、もっともっと会社に恩返ししていきたい思っています。

採用情報の一覧はこちら