最新トピックス

2014年6月30日

事業用自動車事故調査委員会発足

国土交通省は、トラック等の事業用自動車の重大事故を調査する事業用自動車事故調査委員会を立ち上げ、

6月26日に第一回の会合を開催しました。

 

社会的影響の大きな事業用自動車の重大事故については、

事故の背景にある組織的・構造的問題の更なる解明等が求められることから、今後発生する事業用自動車の交通事故のうち、社会的影響が大きく、事故原因が自動車運送事業者の組織的・構造的問題に起因する可能性がある、有効な再発防止策を必要とする等の重大な事案について、事故要因の調査分析と再発防止に向けた意見の提言を行っていくそうです。

  

事業用自動車の交通事故は、年間4万件ほど発生しています。

 

この中から社会的影響が大きい等、重大な事故が調査の対象となり、

事故現場の調査や、トラックの場合には荷主からの無理な要求がなかったか等

詳細の調査を行うと報道されています。