最新トピックス

2013年12月20日

資本金の由来について

投資経営ビザを申請する際に、資本金の由来を詳しく説明する必要があります。

 

中国では、給料の振込や不動産売買契約など、日本と同じような様式の資料が少ないです。

そのため、資金の由来を一目瞭然にすることもかなり難しいです。すべて自らの資金でも説明できないと、許可が難しいです。

 

本国での給料や個人経営の場合、「在職証明書」と「収入証明書」だけではなく、銀行の通帳履歴も求められることが多いです。「経営許可」だけではなく、「納税証明書」を求められることもあります。不動産売買は契約書だけあればいいではなく、契約書の内容や記載方法にも関係あります。

 

親から借りたお金で会社設立する場合、親の収入状況も詳しく説明する必要があります。在留資格変更や更新の場合、以前提出資料との整合性も重要です。

 

本国の書類や資金の説明に自信のない方、是非お問い合わせください。