最新トピックス

2013年11月5日

特定商取引法に基づく表記

通信販売酒類小売業免許申請においては

「酒類の通信販売における表示を明示したカタログ等(インターネット等によるものを含む。)の

レイアウト図、申込書、納品書(案)等」

を申請時に提出する必要があります。

 

上記のものを作成する際にご注意いただきたいのは、「特定商取引法に基づく表記」です。

カタログを作成・配布し、電話等で注文を受ける場合、

インターネットでホームページを設け、そこから購入できるようにする場合等には、

特定商取引法に基づく表記を網羅しておく必要があります。

通販サイト等見ていただくと、必ずどこかに「特定商取引法に基づく表記」等の文言があるかと思います。

お酒の通販の場合にも、消費者が安心して購入できるようにしなければいけません。

具体的にどう書けばよいかは、大手のインターネット通販サイト等も参考になります。

 

通信販売酒類小売業免許取得に向けて、申請のご準備等にお悩みの方は、

ぜひサポート行政書士法人へご相談ください。